【LoL】ESPNが選ぶMSI出場選手トップ20

スポンサーリンク

以下はESPNの記事、League of Legends: The top 20 players at the Mid-Season Invitationalの抄訳。

 

1. Kang “TheShy” Seung-lok, Invictus Gaming


このランキングの執筆時点で満場一致の「世界最高の選手」はいないが、空の玉座を巡る戦いでTheShyよりも頂点に近い選手はいない。TheShyは2014年に14歳でTeam WEの配信者になって以来、天才トップレーナーとして天井知らずだ。TheShyが17歳になってプロになる資格を満たし、トップというポジションで最高のプレイヤーになるために必要なことをすると決断したとき、いつ世界最高のトップレーナーになるのかという疑問を持つ人は徐々に減っていった。

 

2. Song “Rookie” Eui-jin, Invictus Gaming
Rookieはプロとしてのキャリアが始まって以来、いつもFakerと比較され、「低予算Faker」、「キッドFaker」、「ネクストFaker」などと呼ばれたりしていた。2018年のWorld Championshipで優勝し、Rookieは遂にRookieとなった。次に誰かが何かをするまではRookieが最高のミッドレーナーだ。

 

3. Lee “Faker” Sang-hyeok, SK Telecom T1


あいつが帰ってきた!Fakerは自分のキャリアで最悪の年の後、2019年は違うと約束してくれた。中国が全ての国際的イベントや国内の大会で優勝しているから、Fakerは去年Fakerと韓国から奪われたものを取り戻そうとしている。そして、スプリングスプリットの後、これがFakerの最初のチャンスとなるだろう。

 

4. Park “Teddy” Jin-seong, SK Telecom T1
Teddyは約一年間、世界最高のボトムレーナーの一人であった。しかし、このスプリットでSKTでプレイするようになって人々はようやくそのことに気づいた。リーグ底辺のチームであるJin Air Green Wingsで二年間苦汁を嘗めた後、Teddyが輝くときがきた。

 

5. Martin “Wunder” Hansen, G2 Esports
Christopher “Papasmithy” Smithは今季のVODレビューの間、「G2 Esportsのトップレーナーが西洋で最高の選手かもしれない」と言っていた。俺たちもPapasmithyに同意する。WunderはWorld ChampionshipでのG2の驚くべき快進撃の中心であり、今年もスプリットプッシュや集団戦の立役者として、その傾向は続いている。

 

6. Rasmus “Caps” Winther, G2 Esports
CapsがG2に加入し、Luka “Perkz” Perkovićがボトムレーンに行くと最初に発表されたとき、多くのファンが困惑し、リーグ・オブ・レジェンドのコミュニティはその判断を疑った。Perkzがより強いキャリーの一人となったことで、CapsはG2のどの選手よりもピックが柔軟で、奇妙なことにCapsが忘れられてしまったことは一度や二度ではない。Capsのピック幅の広さとプレイスタイルの多様さがG2が望むどんな構成にも単純に当てはまっている。

 

7. Jo “CoreJJ” Yong-in, Team Liquid
CoreJJはTeam Liquidでの最初のシーズンで、満場一致でNAのAll-Proに選ばれた史上最初の選手だ。元世界チャンピオンのSamsung Galaxyよりも守りのサポートが得意な選手は世界中どこを探してもいないだろう。

 

8. Kim “Clid” Tae-min, SK Telecom T1
SKTがJD GamingからClidを買収したのは、SKTの新しい時代の到来を告げるためであった。SKTの前のジャングラーとは違い、Clidは物怖じせず、しばしば過剰とも言えるほど攻撃的だ。Clidはプロとしての経験は十分にあり、自らのやり方に少し固執しているように見え、Clidより前のジャングラーはSKTという鋳型に収まってきたが、Clidはそうなりそうにはない。

 

9. Gao “Ning” Zhen-Ning, Invictus Gaming
Ningが何を考えているかは誰にも分からない。そしてそれはNingの最大の強みとして現れる。Ningは過度に攻撃的で横着なルート選定やインベードの下手さで悪評が立つことがしばしばあるが、Ningにはそれを裏付ける技術がある。NingのプレイスタイルによってTheShyやRookieは自由にレーンに圧力をかけることができ、Ningのゲームプレイを安全なものにしている。

 

10. Cho “Mata” Se-hyeong, SK Telecom T1
Mataのエンゲージは依然として強く、視界を取るためのロームで死ぬこともあるが、Teddyとのシナジーは強力で、レーンでは上手く機能していて、マップ上で様々なものを確保する。

 

11. Yu “JackeyLove” Wen-Bo, Invictus Gaming

 

12. Luka “Perkz” Perkovic, G2 Esports

 

13. Wang “Baolan” Liu-Yi, Invictus Gaming

 

14. Kim “Khan” Dong-ha, SK Telecom T1

 

15. Nicolaj “Jensen” Jensen, Team Liquid

 

16. Marcin “Jankos” Jankowski, G2 Esports

 

17. Yiliang “Doublelift” Peng, Team Liquid

 

18. Phạm “Zeros” Minh Lộc, Phong Vũ Buffalo

 

19. Shunsuke “Evi” Murase, Detonation FocusMe
これは日本人選手が選手の実力ランキングで到達する最高ランクになるかもしれないが、Detonation FocusMeのトップレーナーにはその資格がある。Eviは日本リーグで傑出しており、チーム内だけでなく、地域全体のスター選手だ。Detonation FocusMeはいつも日本リーグのプレイオフシリーズで優勝を逃していたが、Eviと共にLJLで二回連続優勝している。このリストで冷遇されているFlash WolvesのLu “Betty” Yu-hungなどと比べても、Eviのチームでの役割やチームに与える影響の方がはるかに重要だ。
Eviは去年のWorld Championshipで日本で初めての予選通過を目指す過程のKaBuM!やCloud9との試合で自らの真価を証明した。今年、Eviは更に一歩進んで、大物選手たちを相手に渡り合えるということを証明しようとしている。

 

20. Jake “Xmithie” Puchero, Team Liquid jungler

 

管理忍
世界の選手ランキングで初めて日本人選手を見た気がするでござる。

 

【LoL】Worlds 2018 選手ランキング | LoL忍者
この1年間の努力の集大成にして、リーグ・オブ・レジェンド最高のプレイヤーを決める場所、World Championship。ここでは世界中から集う強豪チーム、総勢100名以上のプレイヤーがサモナーズカップを目指して戦います。地元地域では比肩するものなき強者でも、この大会では大抵が一人の競技者。今年この場所で実力を示し名...

コメント

  1. 頼れるのがeviだけだ

  2. それはそうと昨日のzerosすごかったよなぁ!?

  3. 今年はこいつらが脱落するんだな

  4. redditだと他のメンツ押しのけてevi入れるのは流石に?って意見結構でてるじゃん

  5. チームで一番だからってMSI全選手の中で19番目に選ばれるような選手じゃないでしょw

  6. まあここに入るのは違和感あるっちゃある

  7. 最弱リーグだって全世界でばかにされてたのに、実力や性格でこういうリストに入れるなんて、素直に誇らしいよ。まさにEVIこそ日本のfakerと名乗るに相応しい

  8. Eviが19位に相応しいか今日証明してくれるから

  9. パイセンかわいい

  10. エビに続くやつも出てきてほしいね

  11. FakerとRookieの対戦が楽しみすぎて
    8時間しか眠れないし、ご飯も三食しか喉を通らん
    IGとSKTの試合はよ

  12. Eviをランキングに選んだ人が俺の目は正しかった!と言えるような試合を見せてほしいでござるな

  13. なんで後半面倒くさくなってるんだよ!
    もっと頑張って!

  14. 「SKTの前のジャングラーとは違い、Clidは物怖じせず」LUL

  15. これは世界のイーヴァイ

  16. まあ元記事書いてるのだって一人じゃなくて何人かでやってるんだし翻訳も一人じゃ限界があるでしょ
    てかBudget Fakerって低予算Fakerって意味なのかw

  17. あと「but it wasn’t until this split with SK Telecom T1 that people took notice」
    は「このスプリットでSKTでプレイするようになって人々はやっと気づいた」みたいな意味ではござらんか?

  18. clidのところで612がディスられててワロタ

  19. >>17
    教えてくれてありがとうでござる。

  20. 612とそいつの親友UNTAは無職だからなぁ~

  21. 2018WCSのランキングも貼ってくれよ
    本当にミーハーが作る検討違いのランキングだよね

  22. すごく嬉しい
    文を見た時涙がこみ上げて来た(結局涙出なかったけど)

    凄いことだと思う
    Eviにはその分いやそれ以上の活躍を期待してる!

  23. >>21
    はったでござる。

  24. 毎回外れてばっかだけど大会前のファンの期待度は反映されてると思う

  25. 本当に嬉しいなあ

  26. 今年はまじで最高のmsiになりそう
    Dfm頼むで!

  27. MSIプレイインのグループ分けした後のyoutubeに上がってるNAやEUのキャスター陣の予想話してるの聞いてるとDFM割と評価されてるんだよな
    PVBのZerosもそうだけどプレイインのチームからも載せたかったんじゃないの

  28. 毎度このリストはプロシーンを知らない人のための選手紹介みたいなとこがあるからね。よくある俺のランキングみたいなもん。
    まぁでも日本の選手がこういうリストに入ったのは期待されてる証拠だと思って喜んでいいんじゃない?
    LJLあまり見ないけど日本チームが今大会で良い結果を残せる事を祈るよ。

  29. midのPerkzならわかるがADCならDLのが上でしょ

  30. JAGをたった1人の力でLCKのチームとして成立させた最強のadc

  31. PerkzはMIDなのにADCさえ成り立ってるからDLより上なんじゃない。

  32. にしてもRookieの低予算Fakerは笑うわ

  33. theshyはガチうまだけどやっぱdukeのミクロおばけ感が好きなんだよなあ〜

  34. てか1年でこんなに見られ方変わるって本人が一番ビビってるやろ

  35. EviとZerosの特別感よ

タイトルとURLをコピーしました