【LoL】YamatoCannonがLCK初の西洋人ヘッドコーチとしてSANDBOX GAMINGに加入した

スポンサーリンク

画像: ESPN

以下はESPNの記事、YamatoCannon joins SANDBOX Gaming as first Western LCK head coachの抄訳。

Team Vitalityの前コーチ、そしてLECのアナリストとしても知られる、YamatoCannonことJakob Mebdiが、LCK初の西洋人ヘッドコーチとしてSANDBOX GAMINGに加入することが分かった。チームプランをよく知る情報筋が明かした。

YamatoCannonは、コロナウイルスが収束するまではヨーロッパの自宅からリモートワークをする予定であるとのこと。韓国では、コロナウイルスの大流行の渦中において、急速に改善が見られたが、娯楽地域であるイテウォンにおいて、100を超えるコロナウイルスの症例があったことが後日判明し、新たな懸念が発生している。

YamatoCannonは、SANDBOX GAMINGに加入する前は、ベルリンのスタジオで、LECのデスクアナリストを務めていた。

フルタイムのアナリストとして活動する前は、YamatoCannonはヨーロッパで最も人気があるコーチの1人として知られていた。YamatoCannonは、ROCCAT、Splyce、Team Vitalityなどでコーチを務め、LECのアナリストデスクに、ゲストとして頻繁に招かれていた。コーチになる前は、LoLのプロ選手だった。

YamatoCannonは、Team Vitality在籍時、2018年のWCSにおいて、チームを準々決勝突破直前まで導いた。グループリーグでは、Gen.Gを2度、Royal Never Giveupを1度破った。しかし、最終的にグループリーブ突破はならず、Cloud 9とRoyal Never Giveupが準々決勝へと駒を進めた。

LCKのヘッドコーチを務めた西洋人(北米またはヨーロッパ)のコーチは、まだ存在しない。現在LCKの英語放送のコメンテーターを務めるLSことNick De Cesareは、2018年後半から2019年夏にかけて、BBQ Oliversのヘッドーコーチを務めたが、当時、BBQ Oliversはチャレンジャーシリーズで戦っていた。

2020年のスプリング・スプリットでは、SANDBOX GAMINGは総合9位というチーム史上最低の結果に終わった。LCKの出場権を得るため、Seorabeol Gamingとプロモーションシリーズで戦い、勝利を収めた。




 

翻訳元、画像: ESPN

 

管理忍

YamatoCannonの由来はスタークラフトのユニットのスキルらしいでござる。

コメント

  1. バトルクルーザーにござる

  2. スタクラ勢意外と多いよね
    人気から考えれば不思議でもないんだけど

  3. バトルクルーザーオペレイショナルでござる

  4. 顔も声もクソかっこよくて英語がクソ訛ってる人

    1
  5. とにかく声低くて小さくて何言ってるか一切聞き取れない人
    2018のWCSのVITはマジで凄かった

  6. この人のMontageあるから知らない人はぜひ

  7. LCKはもっと海外人材受け入れていいと思うわ
    選手は超一流なんだから独特な戦略思いつくやつ呼んで違ったことやってみてほしい

    1
  8. LSはbbqのコーチだろ?と思ったけどあれはCKだったか

  9. どっかでLCKには新しい風を取り入れようとするマインドに欠けるって話を聞いたが
    コーチの輸入はどう出るかな

  10. twitchでriotjpの最古配信にyamato出てるぞ

    1
  11. 年齢詐欺の人w

    1
  12. >>10
    できればリンクを貼っていただけると嬉しいでござ

  13. この見た目でまだ24ってマジですか

    1
  14. この人が、去年のworlds抽選会でDFMをDWGがいないグループへと導いてくれたのでござるな。

  15. 大和っていうからてっきりダブル等かと思ってました
    24歳には見えない落ち着きだけどドラゴンボールなんて茶目っ気もあってたまらん

タイトルとURLをコピーしました