【LoL】Cloudtemplarによる2021年LCK各チームのレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
CT=CloudtemplarはLCK解説の元プロ選手。
PonyはCKの実況で、LPLの韓国語実況も行っている。

KeSPA Cupについて

By Source, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=59532178

CT:まあ、僕らはDamwonが優勝すると思っていた。思った以上に他チームと差があったけどね。

Pony:Kespaはチームの「雰囲気」を計る大会だよね。HLEがどうChovy中心に試合を進められるかとか……AFのパフォーマンスが悪かった以外は、予想通りだったかな。

CT:LCKの強いチームについて話すと、DWG>T1、GenG、(以前の)DRXで一致している。T1とGenGの中心メンバーが出場していなかったから、Damwonと張り合える相手がいなかった。

KeSPAでよかったHanwha Life Esports

CT:期待と注目を集めてきているチームとしては、HLEだよね。

Pony:ChovyやDeft、Vstaは大丈夫だろう。でもDamwonと戦うにはジャングラーが……というかCanyonに匹敵するジャングラーなんていないんだよね。思ってたとおりだった。

CT:各チームについて話す際に深く掘り下げるけど、今大会では……Clidが(Canyonを除いて)一番のジャングラーだったのかもしれない。たまに怪しい点もあったけど、全体的に良かったんじゃないか?
先に進む前に、Damwonについてちょっと話そうか。ここ1年近くパフォーマンスも本当に良いし、着実に成長を続けている。Khanは……思ってたより良かったかな? ただ正直、今のNuguriに取って代われるプレイヤーはいないと思うけどね。

KeSPAの意義

CT:毎年Kespa Cupの存在意義について話されているよね。Kespa重要だけど、同時に大した物でもないよ。

Pony:Demacia Cupみたいなもので、実際に試合が行われる、という事自体が大事だよね。何もしないよりも、シーズン前に何試合かやっといたほうが良い、って話だから深く考えすぎないで大丈夫。

CT:他の地域では(IEMやDreamhackなど?)もっとカジュアルに寄っていて、新人を試しつつ経験を積ませるような場でもある。ただKespa Cupはそういう雰囲気ではなかったんだよね。みんなが本気の試合を望んでいて。
以前はこれが選手にとってストレスになっていた。Worldsを終えた選手たちは帰ってきて、Kespaの準備をしなきゃいけない。Worldsで結果を残していても、Kespaで下手すれば過剰に反応されてしまう。それが今回のKespaでは各チームがそれぞれのペースで参加して、改善されたと思う。

注目プレイヤー:Bay(NongShim RedForce)

Pony:上手く行ってない試合もあったけど、新人であることを加味すると上手くやっていたんじゃないかな。

CT:初戦の相手がShowmakerだったことを考えると、その試合以外ではちゃんと上手くやっていたと思う。初戦から高い壁にぶち当たってメンタルブレイクする選手は多いけど、そこから多くを学べる選手もいるよね。

DWG KIA

CT:たくさんの疑問が……特に新しいtop、Khanにはあると思う。とはいえ全体的に強いチームだ。僕はチームをその戦略で評価する事が多く、DWGは以前より多少弱体化してるにしろ優れている。Khanはまだ様子見だが、他4プレイヤーは変わらず安定しているね。

Khanはどうなの?

Pony:Khanの評価に時間がかかる、というのは他4人が強すぎてKhanが危うい状況に置かれることがなかったからだ。唯一そういった場面が起こったのはKiin(AF)と対面しているときだったね。Khanキャリーだったり、Khanが鍵となる試合をまだ見れていない。

CT:タンクも上手くて、アカリのようなキャリー系もうまい。でもやっぱり他4人が強すぎてKhanが試合に影響したのかわからないんだ。ちょっとあれだけど、Kespaの他チームは……本当に弱かった。全く相手になっていなかった。
Khanについてしか話してないけど、midからキャリアを始めたChasyもとても上手なプレイヤーだ。代わりに見ることがあるかもしれない……この1年で何が起きるかわからないからね。Khanだけに目を奪われないことだ。

Canyonについて

CT:ずっと言いたかったことなんだけど……LCKにはCanyonに匹敵する選手はいない。しばらくの間そうだった。他のロールにはまさしく2位! って選手がいるけど、ジャングラーにははっきり2位と言える選手はいなくて、3位しかいないんだ。
まあCanyonだけじゃなく他3人もド安定だよね。

DRX

CT:コーチ陣や一部選手には昔のメンバーもいるけど、実質新チームだ。つまり弱体化ってことだね。

Pyosik

CT:LCKを追ってきた人なら何人か名前を知っているかもしれないが、大体はPyosikしか知らないだろう。

Pony:短い期間でいい結果を出したいなら、KingenとPyosik中心にプレイするしかないだろうね。一番経験が長いのは彼らだ。

CT:新人が最初数戦で、ベストを尽くせるだなんて思わないほうがいい。不可能なことだし、彼らには成長するための時間が必要なんだから。
また、Pyosikが1人でキャリーできるとも思えない。ジャングルはレーンから独立してるわけじゃないし、レーナーにジャングラーが必要なようにジャングラーにもレーナーが必要だ。

Gen.G

CT:GenGのスターターは変わっていないから、コーチ陣が多少変わっているとはいえ基本は同じチームだろう。新しいプレイヤーも入ってはいるが、既に安定しているからあまり見ることはないだろうね。
反対されるかもしれないが、僕は10人だったり人が多すぎるロースターは好みじゃない。練習時間が分割されてしまうだけだし、チーム自体の成長よりラインナップ決定に無駄に時間を割いてしまう。
手堅いロースターではあるが評判は悪いよね。不運なことに、堅実なチームである一方で、一番酷い方法で……一番惨めに見える方法で負けてしまうチームだ。

Afreeca Freecs

CT:コーチ陣の変更や人気プレイヤーの加入で、Kespa前かなり期待されていたチームだが……がっかりな結果だったんじゃないかな。Kespaの結果をそこまで真剣に捉えはしないが、事実ではある。
AFはあまり話したくないチームだ。何年も同じことを話してきたけど……今年はより悪くなっているように見える。いわゆるプレーオフの門番、弱いチームに勝ち、格上チームには苦戦する。
悪くなっていると思える理由としてはKiinが挙げられる。2019年のKespaでは、彼が超キャリーしてAFを優勝へ導いた。で、そこがピークで彼のパフォーマンスはゆっくり落ちていっている。

Pony:Kiinだけの問題じゃない。他の地域、他の人気プレイヤーもある瞬間からパフォーマンスが落ちることはある。彼らも人間だから仕方ないが……。

CT:Kiinを責めてほしくはない。全盛期にチームメイトがサポートできていればもっと勝てていたかもしれないんだし……。でもKiinはこう……平均的なプレイヤーになってきてるよね? KiinだけのチームからFly、Dread、Bangがみんな成長しなきゃいけないチームになったから、とても敏感な時期だと思う。

Pony:ジャングラーが怪しい気がするな。Flyはやってくれると思うけど、Dreadが重要なポイントだ。

CT:T1を相手にしたときのAFをまた見たいものだよ。AFの全盛期……残念ながらそのチームを二度とは見れないわけだけど……。

T1

CT:言う必要もないけど、強いチームだよ。LCKで強いチームといえばDWG、GenG、T1。DRXは昔強かったけどもはや別チームだから……次点に来るとしたらHLEだろうね。
正直、T1の評判が悪かったことはないんじゃない? ずっと堅実なチームで、たまにパフォーマンスが悪いことはあれどみんなT1を応援してるよね。

Pony:T1のメンバーを見ると、みんな強くてスタバにいる気分。

CT:LoLの歴史上、スターター以外の選手がそこまで注目されることはなかった。でもT1はサブの選手もすごい注目されてるよね。T1のブランドだけじゃなく、ソロキューだったりアカデミーでの成績も関係してる。本当にいい選手が多いから、誰が出場するかわからないよ。

Pony:チームはロースターを固定すべきだって話もしたけど、T1はその心配はなさそうだ。みんな上手すぎるから、結果他チームより選択肢が多いことになる。Spring splitは選手を鍛えるための期間だから、多い中から選ぶ余裕がある。メインの座を掴み取るために争う、良い機会になるんじゃないかな。

CT:Summer splitでも同じメンバーだったらまた話は違ってくるかな。大事な試合の前もそんな感じだったら……うん、良くないよね。

Midどうする問題

CT:T1について話すことは多いけど、1つ選ぶとしたらmidだ。midレーナーがチームの方向性を決めることになるからね。個人的にはFakerを期待してるけど、Clozerのプレイも良かったから……。

Pony:Fakerが上手く行かなかった試合というのは、彼のミクロが原因じゃないんだ。大体はピックだったり、他レーンを助けるためにmidの有利を捨ててしまっていたり、マクロが失敗していたり。midレーナーとしての役割に集中して、他レーンを助けたりは二の次にしたほうがいいんじゃないかなあ。

KT Rolster

CT:Kespaでのパフォーマンスは予想以上だった。特にDoranにはみんなもびっくりしたんじゃないかな。Worldsにも出場して、LCKではTop3。にも関わらず忘れられることの多い、過小評価されてる選手と言えるのでは。
とてもしっかりしたメンバーだと思う。midにはUcal(ガチャプレイヤー)とDove(安定したプレイヤー)がいて、お互いに噛み合っている。6人ロースターの強みは、異なるプレイスタイルの2人を採用できることだ。

Hybridの話

CT:Aimingの穴を埋めるためのHybridだ。ずば抜けて良い選手とは思わないけれど、そもそもAimingの穴を埋めるのは難しいから……悪くはないんじゃないかな。

Pony:adcだけ、Aimingが抜けたことだけを見てしまうと損失になるけれど、Zzusがいるからね。botデュオとしては90点、前より良くなっていると思うよ。

CT:もうしばらく見てみないとだね。Hybridもしばらくはパフォーマンスが落ちていたし、Zzusもアカデミーでは良かったけど今後どうなるか……。

DoranとかUcalとか

CT:DoranはT1でCannaが果たしている役割を担わなきゃいけないと思う。苦戦しているときに道を切り開き、立て直す時間を作る。チームとして成長しているから、Doranがキャリーすることもできるだろう。準備が整えば強いチームになれると思う。

Pony:このチームならいけると思うな。

CT:さっきはあまり意味ないって言ったKespaを基に言ってるんだけどね。Kespaを基に分析するのは避けたいけど、完全に無視するのも難しい……面白いよね。
あとRookieに負けた時、Ucalはなにか大事なものを失ってしまったんじゃないかと思う。まだ全然(Cannaよりも)若いし、あの試合で失ったものを取り戻す時間も十分ある。
とにかく、KTには「ダークホース」と銘打っておこう。驚かせてくれるかもしれないチームだ。

Liiv Sandbox

Pony:みんな知ってると思うけど、Summitはレーン戦が強い。残念ながらレーン戦だけじゃゲームは終わらないんだけど。
レーン戦が終わった後の彼は……まるで猫みたいだよね。全く意味のないプレイをする。
Crocoも注目の選手だ。コーチに話を聞いてみると、彼はスーパープレイをするとき「俺はいけるぞ!」って叫んでるんだとか。ミクロに自信があるんだろう。

CT:Crocoを好きな人は多いんじゃないかな。ミクロに長けたプレイヤーで、素晴らしいプレイをするからね。こういう選手がSandboxにはもっと必要だよ。普通な選手ばかりだから、もっと特徴がほしい。

Botが……

Pony:adcがかなり怪しいよね。RouteもLeoも目立った選手ではないと思うし、どっちが優れてるかって言うのも難しい。

CT:Effortは大事な試合でポカすることで有名だからね……。全ての試合が平等なわけじゃない。大事な試合でミスるよりsplit中にミスった方がいい、これこそSandboxに必要なものなのかも。ノッてるEffortは目立ってるけど不調の時も目立つ……ガチャってわけでもないけど似てるね。

Nongshim RedForce

CT:Nongshimは最近……アツいね。Nongshimが参入すると聞いて、みんなこの新スポンサーに湧いたんじゃないかな。韓国でNongshimを知らない人はいないよ。
ゲームの話に戻ろうか。Kespaでのパフォーマンスはとても良かった。Peanutは未だ健在、botレーンは驚きのパフォーマンスを見せてくれた。

Pony:Bayは新人とは思えないパフォーマンスだったね。

CT:自信があったものの成功せず、引退する選手に聞いてみると「LCKのmidレーナーは予想以上に強かった」といつも答えてくるんだ。強そうなmidレーナーは本当に強くて、何なら弱そうなmidレーナーも実はちゃんと強いってこと。試合を見て「ああ、あいつには勝てるな」って思っても、実際はそうじゃない。
競技シーンには正に最高峰の選手が集まってるし、LCKは世界でも屈指の強豪地域だからね。特にそこに何年もいられる選手は化物だし、弱点をそのままにしておくと壊されてしまう。

Pony:Bayは上手くやっていたものの、ジャングラーも含めると課題があったからそこが心配だね。

Hanwha Life Esports(HLE)

CT:プレシーズンから、そのロースターで最も注目を集めていたチームだ。

Pony:topを誰にするかが気になってる。Duduのパフォーマンスは良かったし可能性も秘めているが、MorganもLPLで活躍していた。Morganがキャリーチャンピオンをピックして、安定してプレイできるならチャンスはあるかもね。
でもジャングラーはどうなんだろう?

CT:Deftも最近はそこまで活躍できていない気がする。Chovyがまた頑張らなきゃいけないかも。
これは面白い話なんだけど、Kespaの間僕らはChovyのCSについて話してたんだよ。ChovyのCSね。みんなChovyのCSについて話すなって言ってくるんだけど、ChovyのCS以外に話すことがなかったんだよね。HLEのパフォーマンスは微妙だったから、ChovyのCSくらいしか話せなかったんだ。でもChovyのCS差をつける技術は本当にすごいよ。
Chovyへの期待が大きすぎて、「CSに固執しすぎて負けた」なんて責める人もいるけど……それはKiinの場合みたいに、1v9のキャリーを期待されてるせいだ。みんなChovyがキャリーするのを見に来てるけど、僕らは一日中CSの話をしてるから……そのせいで負けたと思われてしまう。
スーパースターの宿命だよね。常に焦点が合わさっているから、良い面も悪い面も注目されてしまう。そしてスーパースターはその期待に応えなければいけない。

Pony:Chovyはどの試合もよくやってたんだよね。Showmakerですら、Chovyに感心したとインタビューで答えていた。チームがどうChovy中心に立ち回るかだよ。
あと、DeftがVstaのせいで弱く見えるなんて意見もあったね。でも個人的には、DeftがVstaに自分のプレイスタイルでやるよう言ってそうな気がするな。

CT:この話は去年、DeftとKeriaの時にもあったね。みんながChovyへ期待しているように、僕らもDeftに期待してる。Deftもスーパースターだからね……でも最近ちょっと調子が悪そうなのは否めないな。
結局、このチームに関しては以前DRXにしたような予想になるね。以前のDRXにはDeftとChovyがいて、プレーオフに行けないなんて考えられなかった。でもViperとLehendsがいた時にそう言って、結果そうはならなかった。botレーンだから? LoLはSランク選手が多いほど勝てる確率が上がる、ガチャゲーなのかもしれない……。
ともあれ、HLEには期待してるよ。

Fredit Brion(BRO)

CT:以前はBrion Blade……LCK最下位として知られていたチームだ。Kespaではリタイアになってしまったから、正直あまり分かっていない。
一番有名なメンバーはコーチなんじゃないかな。以前GenGのヘッドコーチを勤めたEdgarだ。あとはUmtiとLavaかな……正直このチームを褒めるのは難しい。
僕はレーナー>ジャングラー、そしてプレイヤー>コーチだと思っている。まあこれはまた別の話、今はロースターについて話そう。アカデミーからの選手が数名、あとはLCKでプレイしていたプロが数名。いや、LCKでプレイしていた「が良いパフォーマンスを残せなかった」プロが数名……。

Pony:アカデミーで活躍していたHoyaは要チェックかな。実況していた時も、彼を褒めることが多かった。あとはUmtiがPeanutをトレースできれば上手くいくんじゃないかな……。

CT:だいぶ前、LavaがHLEにいた時は良かった気もするけどどうだったかな。

Pony:彼は休憩した後にパフォーマンスが改善されてて面白かったんだよね。ひどいパフォーマンスだと思ったら、休憩の後上手くなって……。

CT:Lavaは調子がいい時はまさにエースだったな。キャリーしてたけど段々パフォーマンスが落ちていってしまった。レーン戦ですら耐えられないところまで来ていて……まだ彼を信じてもいいとは思う。彼は自分がまだやれると証明しないといけないね。
残りについてはほとんど分からないので話すこともないかな。良くなってくとは思うけど、かなり苦戦するだろう。

プレーオフ予想

CT:さて、これらに基づいてプレーオフへ出場するであろうチームは……

1位:Damwon
2位、3位:T1、GenG
4位:HLE(Ponyは乗り気じゃないが)

あと2スロット開いてるから、そこにダークホースが滑り込むんじゃないかな。

5位、6位:KT、NongShim
7位、8位、9位:Sandbox、DRX、AF
10位:BRO

 

翻訳元: LCK 2021 Teams Preview by Cloudtemplar

 

翻訳者: おおきいルル

 

管理忍

見ものでござる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. ついにはcloud temperにインタビューだなんて、忍者って一体全体何者なんだ?

    7
    • これはRedditの翻訳だよ

      7
      • ここまでテンプレ

        19
  2. 今年は日本語実況も無いから助かる

    2
  3. HLEはjgが3位クラスあるならプレーオフだけど現状だと厳しそう
    deftは去年からずっと良くないし今のところはtopjgの上振れがない劣化DRXにしか見えない

    5
  4. DWGに勝てる未来が一切見えんな DWGも強い相手がいないからWCSまでに衰えないから心配だよ

    7
  5. youtube英語放送がないとかおわ
    twitchおっかけ再生できないじゃん

    1
    • おっかけと言うかは微妙だけど「ビデオ」から配信中でも最初からさかのぼれる

      1
  6. NSが4番手に来ると思うわ

  7. canyonが圧倒的過ぎてDWGが負けるイメージないの分る
    HLEの新人ジャングラー達は泣きながら当たり前のように2レベ差3レベ差つけられていた

    4
  8. あれ2チーム変わったんだ

  9. グリフィンは解体されました。swordくんみてるかぁ~!

  10. LJLはしばらくDFM一強時代になりそうだし、LCKとLPLに期待でござる

  11. やっぱり一番なのはジャングラー、というかジャングリングなんだなぁというのが去年の感想
    ジャングラーの活動範囲を絶対保証するMidがいて、それに後押しされてジャングラーが有利をどんどん波及させてくから全体的に手が付けられなくなる、ってのがDWGの典型的な勝ち方だった
    参入直後のGRFの躍進や、ChovyとTarzanが分かれたとき活躍しきれなかったのも元をたどれば同じ原因だろう、UcalはIGと戦って以降壊れたままだしChovyはスコアは相変わらず圧倒的だけど組むJGが常に自分より若い

    まぁDWGの躍進自体は肝心のジャングルMidラインを生かす指示ができてそれの補助にサポートを派遣しつつ一人でセーフプレイできてBotが重要な時期にカイサ以外のADCで存在感発揮できるというDWGのために居るとしか思えないADCがなぜかフリーランスで転がってたのが原因だけど

    2
  12. DWGに足りない最後のピースがまさかゴーストだなんてね
    本当にそれが足りなかっただけだったようで夏はワールズ優勝まで一直線だったし2020年のDWGはLOL史上でも最強だったかもしれない
    夏リーグ中ですらパフォーマンス良かったのにワールズ近付くにつれてドンドン良くなっていくし全てが噛み合ってた
    2015SKTといい勝負のような気がするくらい誰も止められない無敵感があったわ
    グループステージのJDG初戦の時点で優勝を確信したよ
    あれと相対するチームと選手は絶望を感じてただろう

    3
    • Zoomの試合直後の何が起こったんだ…って表情が全てを物語ってたね

      1
  13. オブジェクト争奪戦である今のLoLにおいて一番重要なのはjg-midラインなのかもしれん
    故にsupはみんなのためのsupにならざるを得ないが、結果ADCは1人じゃ成り立たないロールなのに1人で他のロールと同等の存在にならなければいけない
    今のLoLでそれができるADCはGhostとhuanfengしかいないと思う

    1
  14. LCKの現状がめちゃ分かりやすかった。翻訳サンクス!

    1
  15. 翻訳ありがとでござる

    1
  16. 「みんな強くてスタバにいる気分」って表現好き

タイトルとURLをコピーしました