【LoL】UpcomerによるWorlds2021ワイルドカード地域チーム紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開催も迫ってきたWorldsに向け、Upcomerによるワイルドカード地域のチーム紹介を要約。

Introducing the League of Legends Worlds 2021 Outlook Series
With Worlds 2021 on the horizon, Upcomer brings you previews for all 22 teams attending the League of Legends championships in Season 11.

LCO:PEACE

Upcomer

チーム紹介

LCOへ変わったタイミングに、Avant Gamingの枠で参入。昨シーズンはPentanetに敗れ2位で終えたものの、今シーズン雪辱を果たした。シーズン中はロースター変更により10試合中1-9といった結果を残したこともあったが、最終的には現在のものに。最下位スタートのプレイオフだったが、2戦目以外を3-0で勝利しその強さを見せつけた。

注目選手

Babip(jg):チームの触媒。Legacy EsportsやMAMMOTHでのWorlds出場経験もある。

Violet(adc):昨年デビューのルーキーながら、All-proに選ばれた。

Aladoric(sup):Violetと合わせて、地域最強のbotデュオ。同じくAll-proに選ばれ、プレイオフのMVPでもある。

Worldsの展望

昨年Legacy EsportsでWorldsを経験した、BabipとTallyが重要。地域最強botは、C9やHLEといった世界トップレベルを相手に耐えられるか。

LJL:DetonatioN FocusMe

Upcomer

チーム紹介

LJLの王。MSIでC9を倒した一戦は記憶にも新しい。MSI後は苦戦していたが、ソロレーナーの筋力やシャコで安定。プレイオフで一度敗れたものの、それにより火が付き優勝した。

注目選手

Evi(top):相手の守りを崩すプレイヤー。ゲーム内外において信頼の置けるベテランで、ブルーザーが好き。ナーを先出しし続けた。

Aria(mid):それよりも誰よりもAria。CGAでのデビュー時から、そのミクロでチームをキャリーしてきた。特にルブランのパフォーマンスが素晴らしく、これまで一度しか負けたことがない。LJL 2020 Summer以降は、7回ピックして0デス。プールの広さ、メタへの適応力も魅力的。

Yutapon(adc):安定していて、頼れるプレイヤー。Aria(11.73)に次いで2位のKDA(9.31)を誇る。彼に重点をおいてプレイするかどうか。

Worldsの展望

Gaengの加入によりエクゾディアが揃った、まさにLJLで考えうる最強のチーム。彼のチャンピオンプールにより、プレイスタイルが多彩になった。Eviの先出しを安定させるためにも、Ariaの圧でBANを割かせることが大事だろう。

CBLOL:RED Canids

Upcomer

チーム紹介

2部リーグであるBrazilian Challenger Circuitから今年昇格。初シーズンを3位で終え、すぐに名を知らしめることとなった。今シーズンは苦戦していたものの、アカデミーでプレイしていたGrevthar(mid)をプレイオフで急遽採用したところ、なんと大活躍。チームを優勝へと導いた。

注目選手

Grevthar(mid):CBLOLでは11試合しか行っていないものの、その内9-2。プレイオフのKDAにおいてもmidレーナーで1位。しかもクレッドなどポケットピックを含め計8チャンピオンをピック、プールの広ささえも見せつけた。

Worldsの展望

Grevtharが大きな勝ち筋になっているが、他のメンバーも厳しい状況を耐えてきた。問題は、TitaN(adc)しか世界大会を経験していない、という経験不足

TCL:Galatasaray Esports

Upcomer

チーム紹介

毎シーズン、理想のチームを追い求めロースターを変更してきたが、4年の間一度も3位を超えることはできなかった。今シーズンを15-3の成績で終え、プレイオフも1ゲームしか落とさなかったGalatasaray Esportsは、ついに正解へたどり着けたと言えるだろう。

注目選手

Mojito(jg):今シーズンのMVPであり、TCLにおいて桁違いの強さを誇るジャングラー。KDAでは平均5.79の差をつけ、18試合中2試合でしかCS数で負けたことがない。コーチ曰く「次のCloser」。

Crazy(top)、Alive(adc):KR2人。2017年にはbbq OliversでGhostと共に戦っていたCrazy、2018年にはDAMWONに所属していたAlive。彼らはグループステージへ進み、元チームメイトと再会することはできるのか。

Worldsの展望

Worlds経験があるのは、昨年SuperMassive Blazeのメンバーとして出場したBolulu(mid)のみ。しかしながら、圧倒的な力を見せつけてリーグを勝ってきたのがこのGSだ。また、Ireanコーチは2018年にSuperMassiveのコーチを努め、MSIとWorlds両方において、グループステージ進出へあと一歩のところまで駒を進めてきた実績がある。

LLA:Infinity Esports

Upcomer

チーム紹介

リーグでは6-0スタート、常に1位を譲らなかった。同じメンバー、だが大幅に成長したロースターでWorldsに挑む。

注目選手

cody(mid):昨シーズンでは主なスタッツにおいて下位のプレイヤーだったが、今シーズンは上位へ。NAのソロキューで大きな印象を残しており、CoreJJやSpicaも褒めるほど。(プロとは認識していなかった)Doublelift曰く「ラテンアメリカのFaker」。

Worldsの展望

LLAオールスターといって過言ではないチーム。Buggax以外がAll-proに選ばれており、そんな彼も決勝ではMVPに選ばれた。この短期間で大きく成長したことは間違いないが、それをしっかり発揮し、国際大会でもその流れを持ち込めるか。

LCL:Unicorns of Love

Upcomer

チーム紹介

これまで地域最強だったが、新たなbotレーナー(×2)や、それに伴うコミュニケーションの問題により春はかなり厳しいシーズンとなった(とはいえ10-4)。しかもその後迎えたMSIではPentanet.GGにより早期帰国。夏にまたまたbotレーナーを変更。今度はプレイオフで苦戦したが、なんとか5連覇を成し遂げた。

注目選手

・Nomanz(mid):昨年のWorldsにおいて、プレイインステージのMVPを獲得したNomanz。そんな彼がさらにパワーアップして世界へ帰ってきた。多くのスタッツでLCLのmidレーナーを破壊しているが、特に大きいのは70.9%ものキル参加率だろう。

Worldsの展望

5人中4人が昨年のWorlds、今年のMSIを経験しているということで、かなり経験豊富なチーム。まさにロシアの星といえるチームだが、新たなbotレーナーであるArgonavtが不安要素。夏はスタッツでも活躍していた……ものの、デスシェア率も高かったのだ。すでにNomanzというキャリーがいるため、世界のbotレーン相手に耐えられるかどうかが大事。

 

 

管理忍

組み合わせ抽選会は9月22日(水)21時スタートでござる。

 

おすすめ関連記事

【LoL】Worlds参加チームのインフォグラフィックを作ってみた
Worlds参加全チームのスタッツについて、非常に分かりやすくまとめた海外の忍びが話題に。
【LoL】2021年のWorldsで90%・50%・10%の確率で起きること
毎年恒例のWorlds予想スレ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. かずーたクリッター説

    19
    • 翻訳感謝でござる
      UOLと当たって欲しいわ
      どっちがワイルドカード最強か決めよう

      • 昔一回負けてるし正直当たりたくなくない?

        5
        • 昔とは流石に状況が違いすぎる

          5
    • 生贄に捧げることでエグゾディアを手札に持ってくることのできる効果を持つクリッターにかけたとても面白いジョーク

      3
  2. Crazyって一時期SKTにいたよな
    トルコ行ってたんだ

    8
  3. LJLで考えうる最強のチーム(シャコで安定)

    18
  4. 7回ピックして0デスって聞くとアリアのルブランはやばいって改めて実感するわ

    14
    • 実際動きが異次元レベルだからなアレ
      CGA時代から更に上手くなってる
      絶対開かないだろうなぁ

      2
  5. ラテンアメリカのFaker

    すき

    1
    • なんか聞いたことある2つ名だな?

      • 全世界に散らばるご当地Fakerの一人だぞ

        102
        • このコメントすこ

          2
        • キティちゃんじゃねえんだぞ

    • ちなみにデビュー戦でAriaレネクをソロキルしたあのサイラスはチリのFaker

      1
  6. 雷魔神サーガでエグゾディアの頭を代用していた旧DFM

    33
  7. ちぃたんがWCSに帰ってきた!!

    22
  8. 来年よりUOLを評価を下げている人が多いと思っていたけどbotに理由があったんだね
    今年はあまり馴染みのないチームもあるから簡単ではあるけど参考になった、良記事感謝

    6
    • 例年よりでした、失礼しました

      4
  9. 3KR日本代表(笑)がんばれ~い
    LCK代表に日本人助っ人がふたりと考えられなくもないな、強そ~

    9
    • お~発狂してるねぇ

      56
    • その理論で言ったらNA地域一人のTLが最強だな、C9も確か二人だしLCS最強!w
      それとTCLは当然のようにeu選手行き来するからgalatasarayは地元ギリ3人になるのか?
      euこの辺曖昧だけど国籍差別主義者のお前はどう思う?

      23
      • 国籍差別主義者は言いすぎだろう。

        7
        • どう見ても元コメが悪意に満ちているから妥当

          9
      • 発狂してるねぇってコメントの下にこれあるの面白すぎる。

        7
      • 人種の坩堝アメリカと日本を並べて比較って流石にどうなん
        しかもLCSは5KRで戦おうとした前科持ち
        他の国引き合いに出していいなら中国で3KRやろうとしたチームはバッシング受けて話立ち消えになったけど

        4
        • 同じ大会なのにアメリカと比べるのは~って最高に馬鹿みたいな言い訳で好き

          8
      • その状態でWCSで全然勝てないから実際LCSはかなり人気落ちてる
        あのゴリラは5人助っ人でやろうとか抜かすもんだからもうおしまいだよ
        でもNA地元民でやってる所は下位に沈んでプレイオフすら出れないっていう方が本当のおしまいかもしれない

        1
    • ムンドォォォォォッッ!!!!

      4
  10. もちろんDFMに勝ってほしいがPEACEも気になるね、OCEが誇る最強botはどこまで戦えるのか

  11. 実際面子見るにUOL以外には実力差で普通に勝てそうに見えるんだけどな
    唯一分からんのは最近ほぼ当たってないトルコくらいか
    それにしてもSUPじゃないしどうなんやろ…
    何にせよ期待してます!頑張れDFM!

    1
    • 正直UOLもここに書いてある通り今年は強そうに見えん
      LCLの決勝戦もソロQみたいだったしなぁ。

      2
  12. スクリム相手すらいないとか言ってた緑髪のJGがいるOCEのスーパーチーム出てこないのか
    なんだOCEリーグ競争力あるじゃないか。NAで活躍してる人も多いし人材豊富だわ

    4
  13. 面白かったから原文も読もうと思ったら想像以上の文章量でめんどくさくてやめちゃった。
    わかりやすくまとめてくれる管理人さんに感謝。

    7
  14. LCKのセカンドリングさえもなく、LJL。。。
    悲しいな

    1
  15. DFM幻の6マンTitaNが帰ってきた

    15
  16. Boluluは相変わらずどのチームいてもwcs出てくるのな

    2
  17. 海外の評だと今回はDFMがWC地域で最上位に置かれてる事多いしやっぱりMSIはでかかったな
    WCSも頼むぞ

    4
    • WC唯一の3KRチームだからな。

      2
  18. Chovyに全員粉砕される未来しか見えない

    3
    • Chovyに粉砕されないmidはメジャー地域にもいないからセーフ
      なお他のレーン

      15
      • Chovyにレーン勝つってのはもはや奇跡に近いから逆に怖さ半分楽しみ半分で見られるよね
        プレイイン地域相手にどれくらい絶対的なパフォーマンスを見せてくれるのか期待してる人は多いと思う

        2
    • むしろChovyにレーン勝つ人間て誰だよ
      Doinbでも負けそうだぞ

      9
    • top勝てばOK

      3
    • HLEはTOPが穴だからえびンモtvが始まるかちょびンモtvが始まるかの勝負になる

      4
      • eviが言うにはMorganはそこまで弱くは無いらしい

        1
        • CryinもLPLでは目立たなかったけどMSIでWC相手に暴れてたし格下相手にはまがりなりにもLCKのプレイヤーであることを見せつけてくれるかもしれない

  19. ソロレーナーの筋力やシャコで安定は草

    1
  20. genって来年兵役でいなくなるんだっけ?
    今年の結果次第ではAria引き抜かれるだろうから来年以降のDFMの再編がどうなるか見物だな

    1
    • 「来年で終わりだから今年のWorldsが最後かもしれない」
      って言ってなかったっけ
      だから兵役は再来年かな

      1
  21. 「Gaengの加入によりエクゾディアが揃った」は草

    7
  22. 俺たちのTitaNが居るの嬉しすぎる

    5
  23. titan最後にwcs出てからだいぶ経ってるしあんなプレイはしない…と良いな

    1
  24. DFM六人目のメンバーtitanついに復活か

    2
  25. 3KR最強!

    • なお注目選手は1KRに2JP

      3
    • そういう煽りがやりたいならよーどる行け。
      お前と同レベルの間抜けが大勢いるから。

  26. まーRGEとHLEとLNGはほぼ勝ち上がり確定で実質残る1枠掛けて戦うみたいなもんよな
    C9と当たれるとこが一番ラッキーだね

  27. 面白いのはPEACEはシーズン5位、RED Canidsはシーズン6位からプレイオフ勝ち進んで優勝決めてる所

タイトルとURLをコピーしました