【LoL】NAチャレンジャーの30,000試合を分析したカニファイトの勝率

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OP
要約:序盤の1v1に勝ちたいならレンガーか?

背景

私はジャングル初心者だ。そしてジャングルが苦手だ。私がよく考えることは、「このマッチアップでカニファイト1v1に勝てるのか、それともファーストブラッドを献上しカニを2つとも取られ、4分前にゲームを投げてしまうのか?」ということだ。こんな疑問に対する回答は、大抵が「たくさんプレイして、マッチアップを学び、感覚を掴むしかない」というものになるだろう。

しかし、私はもう40歳になろうとしている。LoLが上手になるための時間が、もはや地球上には残されていない可能性が出てきたのだ。

さらなる背景

高校でコンピューターサイエンスを教えて1年が過ぎ、来年教える新しい授業に、Riot APIを取り入れられないだろうかと、私は思案していた。APIの使い方を探りながら、「カニファイトすべきか否か」という疑問に答えるのだ。

実験方法

2021年1月以降のNAチャレンジャーの約30000試合のデータを要求するプログラムを書き、以下のように検索〜抽出した。

  • 1v1(アシストが記録されていないこと)
  • APIでジャングラー対ジャングラーと識別されたもの。誤検出もあるかもしれないが、かなり正確にジャングラーを特定できているようだ。
  • 試合開始から4分以内に行われたもの。ファイトは必ずしもカニファイトではないが、序盤のファイトで誰が本当に有利なのかを知りたかったのだ。

私が検索したシーズン11の約3万試合のうち、ジャングラーが死闘を演じたのは1354回だった。序盤にジャングラー同士が1対1で戦った試合は全体の4~5%程度だ。もし対象を1つのパッチに限定していたら、数字はさらに小さくなっていただろう。このように、一概に結論づけることはできないと思うが、少なくとも興味深いデータであるだろう。

発見

結果のスプレッドシートはこちら(英語)。横がキルをとったチャンピオン、上がキルをとられたチャンピオンだ。数字は、データセットの中のソロキルの回数。下部には2枚目のシート(英語)があり、1対1の勝利、敗北、総試合数、勝率が表示されている。また、全体の表(英語)と、すべての1対1の膨大なチャートの画像もある。

メタチャンピオンは多くの戦いを演じてきたはずだが、それでも私にとってはいくつかの驚きがあった。

  • ヘカリムはたくさんのカニファイトをするが、そのうち60%で敗けている。特にグレイブス(10-2)とオラフ(12-2)は、この馬にとって天敵だった。
  • ニダリーとリリアはどちらも序盤の戦いを好むが、ニダリー対リリアではニダリーが圧倒的に有利(10-3)。
  • シャコはお前を殺すだろう(勝率70%)。
  • レンガーはお前を殺すだろう(勝率80%)。
  • タリヤ (36%)、カーサス (36%)、ケイン (33%)、ダイアナ (33%)、イブリン (25%)、ドクター・ムンド(33%)、エコー (21%) は、ゲーム序盤での対立を避けるために、おそらく反対側から始めたほうがいい。
  • ニダリー対ウディアは五分五分(3-3)。Blaberはダリウスジャングルを試したほうがいいかもしれない。

結論

私はRiotのAPIキーを持っていないため、2分ごとに100回のリクエスト制限を受けた。そのため、データ収集には昼夜を問わず時間がかかった。コード自体はツギハギの怪物だが、オリアナライブラリはAPIコールを処理するのに非常に役立った。

来年は上級コースで何かプロジェクトをやるかもしれないし、Capstoneコースの学生に見せて、自分のプロジェクトの出発点として使用してもらうかもしれない。

Capstoneコースとは、単なるシミュレーションとは異なり、学んだ知識やスキルを実際の企業のコンサルティングなどに応用して役立てようとするコース。

 

翻訳元: Using 30,000 NA Challenger games to determine scuttlecrab win rates.

 

管理忍

カニはどこカニ?でござる。

おすすめ関連記事

【LoL】Blaberがカニを獲った
Cloud9のジャングラー、Blaberがカニを獲ったことが話題に。
【LoL】フェイカニがネクストレベルに到達した
イレリアを翻弄するカニが話題に。
【LoL】現在のジャングルの問題は、すべてカニのせい
カニの影響力の大きさが話題に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. でもNAじゃん

    2
  2. 知的すぎる記事内容からの圧倒的愚者
    均衡離れが止まらんな

    51
  3. これは流石に擁護できない。
    罰則として対面はイグナイトの所持を許可する。

    5
    • 強制じゃなくて対面の選択肢を増やしてるだけなの優しい

      4
  4. 管理人・・・、どうか気を確カニ

    17
  5. Blaberはカニの代名詞になりそうだな

    3
    • つまりイグナイト持ってレンガーでSATURIKUせよとのことだな

  6. カニファイトに勝った側の勝率の話かと思ったけど違った
    カニがどこまで勝率に影響するのか気になってるんだよね

    1
    • 全く同じこと思いました。

    • そこら辺はチャンプによって違うから難しいだろうね
      シンジャオみたいなのはカニ取れて当たり前だろうし、アムムとかザックはカニ取れなくても大丈夫だから

  7. ダリウスジャングル早速NAで試されてましたね…

    1
  8. 基本ミッドレーナーが寄って1v2、2v2の状況になって、さらにトップが寄ると3v3になる、「1v1(アシストが記録されていないこと)」に限定したの納得できない

    1
    • そこまで含めると不確定要素が増えすぎて判断がブレる。
      このデータはピック時のルート取りの判断基準とすることを目的としてる。
      「タイマンで勝てないからかち合わないように逆からスタートしよう」とか、「タイマンだとイーブンだけど、ミッドレーナーの寄りは勝てそうだから強気に行こう」みたいな感じ

      15
    • 納得も何もopは1v1カニファイトで勝てるチャンプの事調べてるだけじゃん

      11
      • 1v1の状況ほとんどないから、それだけで勝てるチャンプ調べて長文で並べると、jg詳しくない人に対してミスリードを与えて、初心者によくない

        1
        • だよね。初心者にはjg、mid、topの3v3の有利不利のとてつもない数の組み合わせを長文で並べて教えるべき

          10
    • プログラムでAPIからカニファイトに限定したデータを集めることはできない
      だから開始数分以内に起こったJGの1v1を全てカニ対決と仮定した
      アシストがついていたらガンクのデータかもしれないから除外した
      全部書いてある。それだけの事さ

      8
  9. カニのことブラなんとかっていうのやめない?

  10. エコーが21%ってかなり意外だな 相当強そうなのに

    • エコーのスキルってAPレシオに依るところがかなり大きいから、最序盤は普通に弱いよ

  11. カニで戦ってはいキャンサーってかw

  12. アニビアのultを食らったようでござる

  13. 4分までのソロファイトの結果の集計って事は、シャコはカニファイト以外でのキルがそこそこ含まれてそうだな。

    1
    • レンガーとシャコの圧倒的数値を見るに相手バフへの低レベルinは多そうね
      データ検出だからわかりようがないし全体としては個人的に面白いデータではあったけど

      2
  14. シャコそんな強いんだね
    今日もリーシンにタイマン勝っててビックリしたわ

タイトルとURLをコピーしました