【LoL】FNC YamatoCannon「Fnaticのメンバーと、チームとして活動できたことが本当に幸せ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
YamatoCannon on BEATING G2, Adam/Upset's 2021 journey, 2021 Worlds expectations

以下、Korizon EsportsによるFnatic YamatoCannonコーチへのインタビューを紹介。


――本日はインタビューに応えてくださり、本当にありがとうございます。とんでもない道のりでしたが、いかがお過ごしでしょう。

 

YamatoCannon:絶好調だね。その日はベッドに入っても信じられなかったけど、次の日にはRogueやMADをどう倒すか考えなきゃいけなくなって……まだ旅路は続いているけど、すごくいい台本だったし、楽しまないなんて無理だったよ。

 

――何が一番幸せな出来事でしたか? 準決勝まで進んだことや、ここまでの快調さ、記念すべき舞台でG2を倒したことなど、多くあるかと思いますが。

 

YamatoCannon:苦しい時も耐え抜き、「我々ならできる」と言い続けていたら、選手たちがそれを証明してくれた。彼らの努力が報われて本当に嬉しいね。Elias(Upset)は本当に長い間努力していたし、Bwipoはロールスワップしている。Hylissangは努力の鬼だし、Nisqyは相手を研究し、自己鍛錬を続けていた。Adamは突然ベルリンに来て、LECでプレイすることになって……色々大変なこともあったと思う。

そんな彼らが素晴らしい結果を出してくれたんだ。これだけ素晴らしい選手たち、そしてスタッフに囲まれているだなんて、とても恵まれていると思うよ。みんなで1つになって、チームとして活動できたこと自体が本当に幸せだね。

 

――他のインタビューなどでも、YamatoCannonコーチの回答からは、Fnaticメンバーへの計り知れないほどの誇りを感じますね。また、Upset選手がついにWorldsへ出場することについては、かなり琴線に触れる出来事だったかと思います。その際にはハグもされていましたね。これまでの道のり、特にプレイオフについてお聞きできますか?

https://twitter.com/FNATIC/status/1430518930305601537

YamatoCannon:個人的には、彼はまだWorldsへ出れていない選手の中で、最も出るべき1人だと思っていた。まだ出れていないなんて、本当におかしいことだったよ。

彼の成長と、チームメイトを理解しようとする努力……ご存知の通り、彼らはユニークだからね……Hylissangなんかはとても分かりやすいけど。そんな天才達をゲーム内で活かすためには、かなりの忍耐と理解が必要だっただろうけど、彼らを繋げて、集中させる役割をUpsetは果たしてくれた。天才と狂気は紙一重だろう? 時々踏み越えてしまうんだけど……一番大事なのはチームで一丸となってプレイできることだ。だからこそ、UpsetはHylissangとのデュオだけでなく、チーム全体とまとまれるようにとんでもない努力をしてくれた。

本当に彼がWorldsに出れて嬉しいし、あと結婚もしたよね。彼は結婚して帰ってきても、全く勢いは落ちてなかったんだ。勢いは落ちないか? 変わってしまわないか? なんて心配してたんだけど、全然いらなかったよ。彼はまさに獣だね。勝つ人間のメンタルをしてる。

 

――ちょっとお聞きしたいのですが……結婚バフ(Wife Buff)は本当にあると思いますか?

 

YamatoCannon:今の所、あると言わざるを得ないだろうね。3連続フルセットと来て、またフルセットの試合になることも予想できるから、もっとバフを重ねていかないと……ガールフレンドがいる選手もいるし、自分にもいる。あと……10年は続くようにどんどんバフしていこう(笑)。

 

――では、PGL(Post Game Lobby)でも話されていた話題について。5ゲーム目のダリウスピック、当時のVCも公開されていましたね。Adam選手が「俺のダリウスを信じてくれ」と言った返しに、全員が「信じる」とおっしゃっていました。

YamatoCannon:正直、カミールにタワーダイブしてデスする場面では、ちょっとやりすぎたんじゃないかと思ってたよ。でもWunder選手がお返ししてくれたから……それは気にしないことに。

ピックのときは、声の調子……彼がどんな風にそう言っていたのかや、ダリウスとこれまでのピック(対カミール)が持つ大きな意味、これまでのゲームの調子など(多くのソロキルが起きており、色んなチャンピオンを使ってもいた)、これらを踏まえて「ダリウスをしたいなら、やれ」と。彼がただカイトされて、エズがトランドルと汚れ仕事をこなすのを眺めてるだけ、敵がなだれ込んできたらおしまい……なんてことにはしたくなかったしね。

しかし彼は見事にやってくれたね……キャリアにも残る一戦だったんじゃないかな。それに、この試合で得た自信は長い間残り続ける。Worldsにも影響を与えるだろうね。Mic Checkでも紹介されたけど、シーズン中にも印象に残った場面があったんだ。Adamは特別なプレイヤーだと思ってるよ。

 

――Adam選手は特にフランスのコミュニティーに愛されていますよね。期待も多かったと思うのですが、同時にプレッシャーにもなったのでは。彼のキャリアについてはどうお思いですか?

 

YamatoCannon:彼はこれまで全ての勝負に勝ってきてるから、なかなか考えづらいね……LFLで勝ち、EU Mastersで勝ち、LECでも勝とうとしている。まだ若く、学ぶことも多いからこの流れが続いてほしいとは思っている。

ただ、今の彼は蹴り飛ばしてくる牡馬みたいなものだからね。ソロキルしたりされたり、自分の判断で色々としていることが今は成功につながっている。そこがおとなしくなれば、皆が恐れるベテランの1人になるだろう。ルーキーを育成しているときはいつもそう夢見ているけど、そうなったAdamが自分には見えるな。

 

――Upset選手にも、Adam選手にも触れてきました。ここでチーム全体としてですが……映画でもここまでドラマティックな展開にはならないのでは。フルセットで、しかもVITやG2を打ち倒して。そんなプレイオフ中のFnaticを、ずばり一言で表すと……?

 

YamatoCannon:分かってると思うけど……「山」だね(笑)。

――その質問は取っておいたんですけど(笑)。いいでしょう、その言葉について、深く教えていただけますか?

 

YamatoCannon:Upsetは良いメンタルで、この輝かしい成果を掴み取ったよね。「山」っていうのは、良かれ悪かれ、外的要因が何も自分に影響しない場所だと考えている。そんな中で人は、自分の思う価値判断や、自身の能力に従って行動できる。「山にいる」というのは、自身が集中できている状態を表しているんだ。そういった意味で、Upsetは登頂することができた。これは我々にとってのマントラとも言える。フルセットの試合では特にこの力を感じたね。間違いなく、こちらのメンタルの方が安定していたと思う。

 

――そしてそのメンタルのおかげで、Worlds出場を掴んだと。外から見ると、かなりの下剋上だったのではないでしょうか。シーズン中多くのプレイヤーに聞いてきましたが、FnaticがWorldsに出れると思っている方は多くいませんでした。しかし、Fnaticは実際に勝利を掴み、YamatoCannonコーチは……Gen.Gなどのチームと戦いたいと。Worldsはどのようになるとお考えですか? EUでの開催も告知されましたよね。

夢から覚めた。WorldsのグループはRNG、C9、Gen.Gだった……私はこの運命から逃れられない。最後まで繰り返し続けるのだ。

YamatoCannon:中国に行くつもりだったから、ちょっと変な感じだね。2週間の隔離に向けて、ジャズなどメンタル面での準備はしていたけれど……こういったことに時間を割く必要がなくなって、LECに集中できるようになった。

あと、Twitterで話していたことについて。初めてWorldsに行った時にSamsung GalaxyとRNGが相手で、次はGen.GとRNGが相手だった。だから3度目となる今回も、Gen.GやRNGと当たるんじゃないかと思ったんだ。それに彼らは1stシードではないから、彼らと当たるなら自分が1stシードということになるだろう? 縁起もいいんじゃないかな。

Worldsが終わると、いつも自分が一回り成長できた気分になれたものだったから、またあの舞台に戻れるのを本当に楽しみにしているよ。もちろん出れるだけでも幸運なことだが、その先も目指したいね。痛恨の一撃を加えてくれる選手がいて、勝てそうな相手も多い。LPL相手にどうなるかが特に気になっている。みんなLPLには注目しているし、実際素晴らしい地域だと思うけど……同時に、少し期待しすぎているんじゃないかとも思うよ。

自分は誰も恐れていないし、選手たちも同じなはず。ただ出せる限りのパフォーマンスを出して、Worlds中も下山しないようにするだけだ。

 

――LPLについて話されましたが、今年のLECはこれまで以上に強いようにも思えます。ただ、最盛期のSKTや昨年のDWGのような、圧倒的な強さを誇るチームはいないのではないか……とも言われていますね。地域間でのパワーバランスはどのようになっているとお考えですか?

 

YamatoCannon:理論上は、LPLが最有力候補に思える。ただ、チームのパフォーマンスや、メタの把握、スカウティングに、渡航やWorldsでプレイするプレッシャーなど、様々な要素が絡み合っている。予想するのは本当に難しいね。

2020年のWorldsで、DWGが強いと言うのは簡単だ。SANDBOXにいた頃、スクリムでも本番でも滅茶苦茶にされたからね(笑)。だから、DWGについての感覚などは掴めていた。でも当時は外からLECを見て、ひどいものだと思っていたが、現在はそこで戦っている。レンズが違えば見えるものも違ってくるから、別々の地域を同時に語るのは本当に難しいんだ。同じゲームで戦っていて、同じような環境で練習している、ということしか共通点がないからね。

昨年のDWGがあれほどだったのは、メタの解明速度が大きいと思っている。最初にどうプレイするかを解明し、他のチームがそれに続く形だった。でもわからないよ、LPLのチームがEUに来て、ソロキューに脳を破壊されるかもしれない(笑)。わからないことが多いし、同時にT1も来る。そこにはFaker選手もいるし……となると本当に予測が難しい。

どうしても比較しなければならないとすると、LECとLCKは似たラインで戦っていて、LPLが少し上だと思う。ただ、チームごとでの違いももちろんある。結局、チームがどうなっているか、という話になるよね。

 

――YamatoCannonコーチは2018年にWorldsへ参加されましたが、その年はSKTが参加していなかったんですよね。Faker選手のいるT1と戦える可能性があるのは、もしや今年が初めてですか?

 

YamatoCannon:2016年、kkOmaコーチとFaker選手に遭遇したんだけど、戦う機会はなかったね。ロビーで見たよ(笑)。自分の人生でも記録的な瞬間だった。

 

――そこまでではないのでは(笑)。

 

YamatoCannon:一人で座ってケータリングサービスの食事を食べていたら、彼らが来てね。子供にも言い聞かせるよ。「そしたらFaker選手が隣に座って……」って(笑)。

一般に、LoLのファンならFaker選手やT1のファンにならないなんてことはないだろう。Gen.GやSamsungと戦ったときも「これまで偉業を積み重ねてきた、Edgarコーチと自分は戦っているんだ」と思わせてくれたし、そういった歴史のあるチームと対面する機会は、間違いなく特別なものになる。それは同時に、実力を証明できる絶好のチャンスでもあるんだ。

多くの伝説達がWorldsにはいるが、でもそこへ出るには1年間努力しなければならない。今回我々はLECで勝てて、決勝を目指しているところなわけだけど……また深く掘り下げて、16年や18年の経験についても思いを馳せないとね。当時はグループを抜けられなかったけれど、今回も同じ轍を踏みたくはない。

 

――Fnaticのこれからの軌跡からは、全く目が離せませんね。しかし、前回EUで開催されたWorldsはEUのチームが決勝まで進めましたし……プレッシャーも少ないかもしれません(笑)。では、最後の質問になりますが……Worldsを前に、まずはRogueやMAD Rionsとの準決勝、決勝が待ち構えています。どうお考えでしょう。

 

YamatoCannon:十分倒せる相手だと思っているよ。選手たちの技量の面では、相手を超えていると言っても良いかもしれない。

RogueもMADも、自分のしたいプレイを掴めているチームだ。我々は4~5連敗したことなどもあり、多少自分を見失っていたものの、今や目標は明確。週末に向けて、自信は十分だよ。パフォーマンスコーチのFab、戦略コーチのShaves、アナリストのTolki、彼らがいてくれて本当に良かった。準備はしっかりできている。

 

――Fnaticの歩みを目にすることができてよかったです。残り2マッチ……2マッチ?(笑)幸運を祈っています。

 

YamatoCannon:こちらこそありがとう、そちらにも幸運を祈っているよ。身体に気をつけて。

 

 

管理忍

深山幽谷でござる。

おすすめ関連記事

【LoL】YamatoCannon監督にLCKでの挑戦について聞いてみた
YamatoCannonはLoLのプロフェッショナルコーチ。スウェーデン出身。2020年LCKサマースプリットではSANDBOX Gamingを率い、ヨーロッパ出身のLCKコーチとして史上初の勝利...
【LoL】YamatoCannonとTolkiがFnaticのコーチに就任した
OP Fnatic 欧米人初のLCKチームのヘッドコーチとしてSANDBOX Gamingを率いたYamatoCannonが、Fnaticのヘッドコーチに就任したことがFnatic公式ページに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. この勝利は本当にドラマチック
    あのアダムのダリウスは、まるで宝塚記念で立ち上がったゴールドシップみたいだった…

    8
    • 釣りか?

      25
  2. そういえばIGにfnaticがボロ負けしたときに
    強く励ましてたのがyamatoだったな
    韓国でのこともあるし
    まじでメンタル面では超優秀なんだろうな

    2
  3. ダリウスピックのVCカッコ良すぎる

    11
    • 俺さえいれば勝てるぜ

      1
  4. これで20代とかいうやべー人
    イケメンだしコーチ上手いし話上手いし欠点見つからねんだわ

    4
    • もみあげも剃ってから1週間で元に戻るし

      10
  5. ダリウスピックを見た時、数年前にCapsがヴェインをピックしたのを思い起こさずにはいられなかったな
    あの時に背中を押したのはRekklesだったな

    1
  6. 大幅なメンバー変更やら色々あったけど魅力的なのは変わんねーチームだな
    WCSでの暴れ見たいわ

    3
  7. アダムのダリウスは有名だけどここで出して
    それをYamatoもチームも全員支持するのはドラマティックすぎた
    哲学を語るような低い声でユーモアを忘れず派手派手な衣装をまとう大和最高だよ

    1
  8. 途中のTwitterにあった
    https://youtu.be/fAZZCk92qzs
    色々裏側見れて面白かった。Doinbがいくつかの箇所ですごい奴の代名詞として出てきて笑った。(Nisqyが2回赤カード引いた時の振り返りでUpsetが「Doinbなら即金だったぜ」とか)

    3
タイトルとURLをコピーしました