【LoL】Bjergsenがプロ選手のメンタルヘルスについて語った

スポンサーリンク

LCS Spring 2020 Week 3

以下は、engadget投稿記事(英語)の抄訳。

要約

TSMのミッドレーナー、Bjergsenは、自身の精神的健康にセラピーが役立っていると語った。また、Bjergsenはチームメイトがよいセラピストに出会えるよう手助けをしており、「どうか恥ずかしがらずにセラピーを受けて欲しい」とも述べた。

詳細

「金曜日はセラピーの予約があるので、その予定を別の日にしていただけないでしょうか」。BjergsenことSoren Bjergはそう言った。BjergsenはLCSのミッドレーナーであり、Team Solomid(TSM)の共同経営者でもある。BjergsenはTSMの象徴的存在だ。17歳でチームに加入して以来、ずっと貴重な選手であり続けた。そして、2019年10月、23歳にしてTSMの共同経営者になった。

 

【LoL】BjergsenがTSMの共同経営者になって、契約を更新した | LoL忍者
様々な憶測が飛び交っていたが、Team Solo Midはリーグ・オブ・レジェンドにおける最高のミッドレーナーの一人が契約を更新するだけではなく、eスポーツ界では数少ない選手兼経営者になることとなったことを月曜日に発表した。 「Bjergsen」ことSoren Bjerg(23)は人気チームであるTeam Solo M...
【LoL】Bjergsenのサイラスの1対5ペンタキル | LoL忍者
OP Twitch, Streamable アカリのソロペンタキル Jayce ヒゲがとても濃い。Bjergのヒゲがとてもとても濃い。 >>Jayce SKT Bjergはヒックとドラゴン3の最後の方のヒックに似てる。 >>SKT C91 ヒックとバロン >>SKT Varus LemonNationに似てるよね。 A...
【LoL】2018年版Bjergsenの使用デバイスまとめ | LoL忍者
Bjergsen(ビャーグセン)はTeam SoloMidのミッドレーナー。デンマーク出身。NA LCSで二回の優勝経験があり、NAで最高のミッドレーナーと評されることがある。 Bjergsenのプレイ動画↓ TSMのスポンサーにLogitech(ロジクール)が入っているので、Bjergsenの使用デバイスにはLogi...

 

多くのeスポーツプロ選手と同様に、Bjergsenは、信じられないほどの賞賛と、過酷なハラスメントの両方を、同時に受け止め続けてきた。国際的なアスリートであり、有名な配信者でもあり、有力なチームプレイヤーでもあるというプレッシャーと常に戦い続けてきた。その戦いは、しばしば困難なものであった。

 

「あまりにも長く経験しているので、もうそれほど気にならなくなってしまいましたが、以前は本当に難しい時期を経験しました」とBjergsenは言った。「良いことを取り入れるなら、悪いことも取り入れなければなりません。今では、賞賛と批判、そのどちらからも少し距離を置いています」

 

Bjergsenの大きな助けとなっているのはセラピーだ。Bjergsenの現在のセラピストは、軍のクライアントと仕事をしているバックグラウンドを持っている。「彼女は、プロチームの一員であることがどのようなことであるかを理解してくれています」とBjergsenは言った。そのセラピストは、Bjergsenに瞑想を教えている。

 

「瞑想は大きな部分を占めています。普通、それはパフォーマンスとフロー状態についての対話です」とBjergsenは言った。「彼女は、チームの一員として上手に関わる方法や、チームメイトと上手に連携する方法、そしてプレッシャーに対処する方法について、とても助けになってくれます。多くの若いプロ選手は、コミュニティからの認識や、批判に対処する方法について、誰かと話し合うことで、多くを学ぶことができるのではないかと思います」。

フロー(英: flow)とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーン、ピークエクスペリエンス、無我の境地、忘我状態とも呼ばれる。
Wikipediaより。

 

内省、瞑想、セラピーから恩恵を受けることができるのは、新人選手だけでなく、ベテラン選手も同じだとBjergsenは言った。「多くのプロ選手は、長時間の練習の負担を受けながら、コミュニティからずっと顕微鏡で覗かれているような気分を感じていると思います」。

 

韓国の有名な元プロ選手のWolfとPawNがメンタルヘルスへの懸念を主な理由として引退したことはよく知られている。Wolf(当時23歳)は、競争の激しいプロ生活で拍車がかけられた、長年のうつ病、適応障害、不安、パニック障害を挙げた。同じくPawN(当時23歳)は、2018年に強迫性障害と診断され、トップリーグでプレイし続けることが不可能だと判明した。両者とも2019年後半に引退した。

 

【LoL】元世界王者のWolfが引退した | LoL忍者
OP Worldsで二回優勝経験があるサポートプレイヤーのWolfがプロの世界を引退することを表明した。Wolfの代表チャンピオンはアリスターとナミで、不調だった2018年は少しだけジャングルをやってたこともある。 追記: (韓国語) Wolf「みんな記事で読んだと思うけど
【LoL】元世界王者のPawNが強迫性障害が原因で引退した | LoL忍者
OP Ashley KangがツイッターでPawNが精神病により引退したと報じた。 「速報。PawNが自身のFacebookにて精神病により引退すると表明した。声明の全訳はあとで公開します。」 PawNがプロの世界からいなくなるのは悲しいな 🙁 追記:二人で韓国を出てEDGに行った

 

「2018年から時をおかずに、パニックの発作は本当にひどくなりました」と、昨年11月のInven GlobalのインタビューでWolfは語った。「ファンの皆さんは、恐らく私が健康に問題を抱えていることだけを知っていたのではないでしょうか。当時、私は嘔吐するだけでなく、キーボードを抜いたときにパニックの発作を起こし始めたので、机の下に隠れ、嘔吐して、泣き叫び、10分以上狂ったように震え続けました。私が落ち着いたあと、コーチングスタッフが迎えに来てくれました。それは数ヶ月以上続きました」。

 

韓国の競技シーンであるLCKは、世界で最も競争が激しいリーグの一つであり、これまで支配的な地域だった。これは間違いなく最もプレッシャーが高いことを意味している。過去2年間は、中国のLPLがトロフィーを獲得したが、韓国は9つのトロフィーのうち、5つを保持している。

 

現在LCSでプレイしているベテラン選手のsOAZは、韓国と中国の選手は、NAとEUの選手とは異なる方法で自分に鞭を打っていると言った。sOAZは過去に6度WCSに出場し、現在はIMMORTALSのトップレーナーを務めている。

 

IMMORTALSのコーチであるZaboutineは、LCKとLPLの特徴を「公正さ」と呼び、「人口」という要因もあると語った。

 

「タレントプールはどれくらい深いと思う?」と、Zaboutineは言った。「中国や韓国では、ゲームの人気はとても高い。誰もがパソコンで、LoLやPUBGのようなゲームを遊ぶんだ。人気があるのは、そうした競技性の高いゲームだ。その傾向はEUやNAよりも顕著だ。だから、これらの地域の選手のプールはとても広くて深い。誰かが壊れてしまった場合、すぐに代わりの誰かが見つかるんだ」。

【LoL】CloudtemplarがMSCの後にLCKの現在の実力とLPLの強さの理由について語った | LoL忍者
OP 以下は投稿記事の部分訳。元となった動画はここ(韓国語)。 文脈 CloudtemplarはMSCでLCKが勝利すると予想していたが、LPLの方が優れていると考えていた。 IGは、LPLを象徴するかのような攻撃的なチームとして知られていたが、もうそれほど攻撃的ではない唯一のチームとなった。 LPLのゲームスピードは...

 

そして、選手は間違いなく壊れてしまう。Uziの引退は記憶に新しい。

 

【LoL】Uziが引退した | LoL忍者
OP Thank You Uzi 本日より、LPL0006 @ UziRNGは正式に引退します。 UziはRNGの中心選手であっただけでなく、eスポーツ世界全体の象徴的存在でもありました。 10代以降、彼は決してあきらめず、自分の役割で最善を尽くすために全力で戦い続けてきました。 8年間の激しいトレーニングで蓄積された...
【LoL】Uziが引退についてインタビューで語った | LoL忍者
以下はインタビュー動画の意訳。 インタビュアー 今日は2020年6月1日です。 あなたは明後日にメッセージをアナウンスすると思いますが、あなた自身の決断でしょうか? Uzi はい、私自身の決断です。組織ともたくさん話し合い、最終的に私の決断を尊重してもらいました。ここ1〜2年、ずっと考えていたことです。ある日突

 

LPLや競技シーン全体の成長にとって、Uziは間違いなく大きな影響を与えた選手だ。UziはADCだった。つまり、Uziの仕事は敵にダメージを与えることだった。そして、Uziは壮大なやり方で自らの仕事を完遂した。Uziは15歳でプロとしてのキャリアをスタートさせて、今年23歳で引退するまで、LPLの顔であり、世界最高のボットレーナーであると広く認められた存在だった。

 

Uzi Montage "World's Best ADC" (Best Of Uzi) | League of Legends

 

Uziは2020年6月2日に引退を発表し、長年悩まされた肩と手の負傷について話した。2019年9月にリリースされたナイキのプロモーションビデオでは、「医者に診てもらったら、私の腕は40代〜50代だと言われた」と語った。また、Uziは昨年2型糖尿病と診断された。

 

【LoL】Uzi「医者に診てもらったら40〜50代の腕だと言われた」 | LoL忍者
Royal Never Give UpのADCとして世界的に名を馳せるUziことジェイン・ジ・ハオは、腕の故障が深刻なものであり、プロシーンからの引退も検討していると述べた。 eスポーツは激しい身体運動を伴うわけではない。しかし、姿勢などの問題で健康を損なう可能性はある。元Cloud9のHaiことハイ・デュ・ラムのよう...

 

チームのオーナーやコーチたちは、選手たちが直面している肉体的、精神的問題に目を向けていないわけではない。多くの組織には、栄養士、スポーツ心理学者、フィジカルトレーナーがいる。Riot Gamesは、Crisis Text Lineとのパートナーシップを開始し、プロ選手やその他のプレイヤーに無料かつ秘密が守られるメンタルヘルスサポート(英語)の提供を開始した。

 

それでも、厳しい練習スケジュールと、一流選手であり続けるためのプレッシャーは、選手たちにリアルな結果をもたらす。

 

それゆえ、Bjergsenは瞑想とセラピーを熱心に勧めている。Bjergsenは、チームメイトが心理学者や精神科医を見つけるのを手伝っており、話し相手として適切な人を見つけることの重要性を強調している。最初に見つけたセラピストが常に正しいとは限らないが、本当に助けてくれる人を見つけるまで、探し続ける価値があるとBjergsenは言った。

 

「匿名であるとき、人々は明らかに厳しくなるものです」とBjergsenは言った。「彼らは、Twitterで簡単に匿名になることができます。そして、redditでもそうです。これが、私が確実にそうなのだと気がついていることです。どうか恥ずかしがらずに、セラピーを受けてくれることを願います」。




 

管理忍

Fakerの一日のスケジュールはこんな感じでござる。

コメント

  1. まあ、匿名の悪いところだよな。居酒屋の野次が直に届いてしまう。
    選手がエゴサしている場合もあるし、公共に書き込むことの意味を見直す良い機会になったよ。

    11
  2. セラピーに行く→精神科に行く→精神的に弱い、社会不適合者?とみられるのが恥ずかしい
    という思考回路があって、セラピーに行けない….
    昔から他の人からどう見られてるのか気にするところがあったからなぁ。
    海外みたいにセラピーがばんばん開かれて気軽に行けたらいいなぁとは思う。
    無料のドーナツとコーヒーを食べてみたい。

    5
  3. 特にメジャー地域のプロはそれこそ世界中から見られる訳だしメンタルケアは必須だろね

    4
  4. ヨードル速報民はこの記事を十回読みなさい

    9
  5. 野次の多さは人気とか注目度でもあるんだけど選手も人間だしやっぱり重いよね
    頂点に立つプレッシャーの中であんだけのパフォーマンス出すのは凄く大変だろうな

    2
  6. まだまだ日本だと気のせいとか気の持ちようとかが通じると思われてるからなあ。先進国なのに精神面への常識とか理解が浅いのが現実だと思う、まず学校教育で広めて欲しいね

    2
  7. SNSやらない、見ないだけで精神面かなり回復すると思うけどね

    1
  8. どうせ中傷する奴らなんてゲームの腕前、収入、人間性、社会的地位どれも低いだろうから気にしないで頑張ってほしいな
    期待からくるプレッシャーに対してのメンタルケアは大事だけどそもそも中傷は間に受けないようにすればいいね
    負け犬の遠吠えだもの
    プロは負け犬じゃないでしょ

    1
  9. 話すだけで楽になれることがある

    これを読んでる君にも有効な手だてやで

    1
  10. 言論の自由,匿名発言の自由を盾に好き放題言っちゃダメだな.
    批判に門戸が開かれていても,誹謗中傷は悪質でしかない.

    3
  11. SNSとかそういうのを完璧にシャットダウンできる人は兎も角、
    ネット社会の今自分の評価を見ないようにする。ってかなり難しいしなぁ。
    ここだっていつの間にか評価ボタンがついてて、
    コメントをした後、ついつい評価の数とか返信を見に来ちゃう人とかいるんじゃないかな。

    大なり小なり人にはみんな悪評の方が目に付いてしまう部分があって、
    例えば高評価が1000あるのに低評価800あったらそっちの方を気にしてしまうみたいな。
    そういうのを改善するためにそれこそBjergsenがいうように、
    セラピストとかの力が必要なんだろうな。

    6
  12. 長い

  13. 記事にあんまり関係ない事で申し訳ないけどビャーグセンの配信久しぶりに見たらすごい上品なイケメンになってて女になりかけた。俺男だけど

    2
  14. 人間は自分が正義側だと思ってる時が一番攻撃的になると言われており
    「匿名で誹謗中傷する奴は悪だからそいつを誹謗中傷しても許される」みたいな思想に陥ってしまわぬよう気をつけるでござ

    2
  15. でもプロらしくない酷いプレーをしたらビシッと批判したいけどね俺は
    批判と中傷は別物だ

    3
  16. これは本来全てのプロ競技に共通するけど、特にesportsのプレイヤーはすなわちオタクなのでSNSとの距離感が近い故に過大なダメージを負ってしまってると思う

    またlolは得点方式じゃないので勝敗以外で個人を評価する事が一般プレイヤーには難しく、負けたチームは全員が粗探しされ貶されやすい

    3
  17. 酒飲んでシコったら全回復する俺には理解できねぇ重圧だな

    2
  18. 勝負のプレッシャー、肉体的な負荷が多く語られてるが、
    誹謗中傷というテーマでまとめるのが小物。

  19. ※4
    >ヨードル速報民はこの記事を十回読みなさい

    他所より先に、自分たちが反省したら?

    【LoL】元世界王者のPawNが強迫性障害が原因で引退した
    ttps://lolninja.net/2019/09/29/post-15207/

    【LoL】UziがKRのアカウント名を「ggggggmeile(gggggg死亡)」に変更した
    ttps://lolninja.net/2020/06/03/post-18515

    障害や病気をネタにするクズ共が、ごく普通にいる。
    こちら以外、それらに説教する奴が少ないのも情けない。

    3
  20. cerosのピックはいつも叩かれてるが、彼も精神的なダメージを負っているのだろうか

  21. 誹謗中傷と批判の差は紙一重だから難しいんだ
    誹謗中傷を擁護する気は全くないが、傷ついたといいはればアウトなら言論統制の始まりだからね
    匿名が悪いのではなくて実名と匿名が混ざった環境が害悪なんだと思うツイッターとか特に
    登録制の韓国では暴言率が登録後でも変わらず18%程度のままだったってデータもあったはずだから匿名性を潰せばそれでおしまいにならない実例でもある
    esportsの場合はネットから離れにくい環境下にあるのが一番の問題じゃないかな
    月並みだけどPCから離れたアクティビティもっと取り入れるべきだよね
    健康維持のために筋トレを導入してるチームも増えたけどそれにとどまらずにさ

    3
  22. 瞑想は胡散臭いと他の所で有名な人が大真面目におすすめしている時に言われていてそういう風に見えてしまうのも不思議ではないと思っていたでござるが、幻聴幻視はともかく体の無意識にある緊張が解けたり考え方の変化は本当にあるのでShen殿のような素晴らしい忍を目指すなら会得することをおすすめするでござる

    1
  23. バカボットが何言っても説得力無いよ
    さっさと消え失せろ

    7
  24. ※23
    お前に理解力がないだけ。
    賢い人間は、自分にとって不快な相手でも、有益な話ならちゃんと聞く。
    バカは私情が邪魔して話を聞けない。

    1
  25. まるで自分が有益なことを語り続けてるみたいに言うじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  26. >障害や病気をネタにするクズ共が、ごく普通にいる。
    >こちら以外、それらに説教する奴が少ないのも情けない。
    だって俺たちは障害者じゃないからな
    お前だけだぞ障害もってんの

    2
  27. 遂にまとめ方にまでケチ付け出したの笑うんだけど

  28. ※25
    こちらの語ることは有益も有益。
    日本サーバーが過疎でないことを解説したり、糖尿病に関する知見を述べたり。

    それに比べてお前は何だ? くだらない煽りしかできない。

  29. ※26
    まさに、お前みたいな出来損ないを説教してるわけ。
    そして、よーどる速報の読者ではなく、反省すべきはこういう連中だ。

  30. ※27
    文脈が読めないバカ?
    記事では勝負のプレッシャーや肉体的な負荷をまとめてる。
    なのに、誹謗中傷の話にまとめてるお前たちが凡庸だって話。

  31. そもそも障害者煽りなんてよー速から来た奴らが始めた事だと思うんだけど…

  32. まとめ方にケチつけるぐらいなら黙ってサイト閉じればいいのに結局居座ってレスバ始めるのほんと滑稽だわ

  33. 個人ブログで勝手にやってろよって思うわ
    教育だとか頓珍漢な理由付けて公共の場で暴れるのはただの荒らしと変わりないからな
    ネチケットって知ってるのだろうか

  34. ※31
    なに責任転嫁してるわけ?
    「障害者をネタにしてるのは、よーどる速報の読者」ってか?
    仮にそうだとしても、それを咎めない奴もクズだ。

  35. ※32
    文章読めないお前こそサイト閉じたら?
    「管理人のまとめ方」ではない。
    「誹謗中傷の話にまとめる読者」を話題にしてる。

  36. ※33
    お前が荒らし扱いして、聞く耳を持てないだけ。
    何がネチケットだ。お前はネットを扱うための見識がない。
    記事のテーマで議論してるのに、それを邪魔してるお前こそ荒らし。

  37. >「誹謗中傷の話にまとめる読者」を話題にしてる。
    どこを読み取ったらそうなるんだ

    1
  38. ※37
    名前:バカボット 投稿日:2020/06/16(火) 00:59:28 ID:449747876
    勝負のプレッシャー、肉体的な負荷が多く語られてるが、
    誹謗中傷というテーマでまとめるのが小物。

    これを読んで、「コメント欄のこと」と読み取れない奴が問題。
    しかしながら、主語を省くとバカにやさしくない。
    省略しないと下記になる。

    ——————————————————————————-
    (LoL忍者の記事は)勝負のプレッシャー、肉体的な負荷を多く語ってるが、
    (コメント欄は)誹謗中傷というテーマでまとめてるから小物。

  39. LoL忍者のまとめ方は批判してない。
    「ネットの中傷」というテーマに、矮小化してる奴を批判してる。

  40. プロ選手たちはこういう「お前は間違えた!俺は正しいことを言っている!!俺が正義だ!!!」と主張してくる輩からの声がネット経由でバンバン届くんだろうから大変だわ

    1
  41. >LoL忍者のまとめ方は批判してない。
    >「ネットの中傷」というテーマに、矮小化してる奴を批判してる。
    何言ってんだこいつ

  42. ※40
    相手のセリフにビックリマーク付ける所とか、お前の頭の悪さがよく表れてる。
    こちらは至って冷静に、日本サーバーの現状などを解説している。

    ただ相手を罵倒してるだけのお前とは違う。

  43. ※41
    この程度の文章もわからないのか?
    バカ相手にやさしく解説してやるか。

    LoL忍者は複数のテーマを書いてるのに、
    バカでも語りやすい「誹謗中傷」のことしかコメントしない。
    そういうコメントがバカってこと。

  44. お前だって「誹謗中傷」コメント相手しかレスしないじゃん
    やってる事同じ穴の狢じゃんね

  45. ※44
    全然違う。
    お前は育ちが悪いから、クソとミソの区別がつかない。
    倫理に反する内容や、スレ違いの内容に指摘する。

    間違いを正されてる側と、正す側ではまるで違う。

  46. そしてお前は正される側だ。
    わかったかボンクラ。

  47. 俺は正しいお前はバカ しか言えない異常者
    世間を知れよ 引きこもり

  48. ※47
    ×しか言えない 〇それしかお前が読み取れない

  49. まんま俺は正しいお前はバカだな
    子供部屋からは出られましたか…?

  50. ※49
    「日本サーバーは過疎じゃない」という主張も、こちらが正しかった。
    お前に議論はまだ早い。「子供部屋おじさん」とかいう、誰かが作ったスラングを書くだけ。

  51. 現実見れないんだね…
    分かってるよ 言われて悔しかったって事

  52. ※51
    日本サーバーが盛況という事実。
    それを認められないのがお前。
    お前は誰かに用意されたスラングでしか、相手を煽れないマヌケだ。

    1
タイトルとURLをコピーしました