【LoL】カイ=サ使いのための10のヒント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
10 Tips for Kai'Sa Players | Kai'Sa Guide (League of Legends)

その1 スキル進化アニメーションのスキップ

基本スキルを進化させる時に、アニメーションをスキップできる小技があり、貴重な時間を節約することができる。リコールで任意の進化アニメーションをキャンセルし、移動コマンドでリコール自体をキャンセルすることができるので、即座に行動することができるんだ。とはいえ、実行のタイミングはかなり厳しいので、ここでは最も簡単な2つの方法を紹介しよう。

  1. 進化するスキルのアイコンをマウスで手動でクリックし、キーボードのBボタンを瞬間的に押すと能力が進化する。正しく行えば、スキルが進化し、リコールのアニメーションが再生され、すぐに移動できるようになる。進化アニメーションが再生される場合は、Bボタンを押すのが遅すぎたことを意味する。
  2. キーボードだけでやる場合は、リコールをBキーとCtrlキーの組み合わせにバインドする。まずCtrlキーを押しっぱなしにしながら、そのままBを押し、すかさず進化させたいスキルのキーを押す。これもタイミングは厳しい。スキルキーを押すのが遅すぎると進化しない。安定してできるようになるまで、プラクティスツールで練習しよう。

その2 Wキャスト中のオートアタック

カイ=サはWのキャストアニメーション中にもAAすることができる。相手にAAを当てたい場合は、ついでにWもこっそり当てることができるので、時間の節約になる。最適なコンボは、AA ⇒ W ⇒ AAだ。Qの場合も同じで、フルバーストコンボの場合は、AA ⇒ Q ⇒ AA ⇒ W ⇒ AAとなる。

その3 Q ⇒ E離脱でカイティング

Qのターゲットはキーを押した瞬間に決定される。キャストの途中で変更することはできない。これはつまり、最大射程でターゲットにQを撃ち、その後Eでカイト離脱できることを意味している。Qで放たれたミサイルは、どこに移動しようが、すべて最初に決定されたターゲットに当たる。Eがアクティブな間はAAが使用できないが、Qはそれに関係なく発射され続けるので、Q ⇒ Eのコンボは特に有用だ。

その4 W + フラッシュで敵のボディブロックを欺く

Wのキャストアニメーション中は、いつでもフラッシュを使用できる。この場合、Wのミサイルは新しい位置から発射されるので、HPの低い味方をボディブロックしようとした敵を欺くことができる。さらに、Wのキャストアニメーションの最後にフラッシュすると非常に奇妙なことが起こる。ミサイルはカイ=サが元いた位置から発射されるように見えるが、実際の当たり判定はフラッシュ後の位置から発射されたように処理される。この幻のWを使えば、相手の不意を突くことができる。

その5 ウルトでAAキャンセル

カイ=サのウルトは、ただ単にシールド+ブリンクとして使うのではなく、ダメージを上げることにも使える。例えば1v1の状況なら、AAを撃った直後にウルトを使用するとAAキャンセルできるので、次のAAを素早く撃つことができる。

その6 Wで視界確保

カイ=サのWは相手にヒットしたときと、弾がマップを移動している間の両方でチームに視界を提供する。つまり、近くの敵ジャングルを偵察したり、貴重な情報を収集するためのユーティリティスキルとして使うことができる。

その7 QアニメーションキャンセルRコンボ

Qとウルトはコンボで繋げられる。Qを撃ってからRで別の相手にブリンクすることでQのアニメーションをキャンセルすることができ、最初のターゲットをバーストでダウンさせてから瞬時に次のターゲットにジャンプすることができる。逆にRを押してから移動中にQを押すことで、移動経路にいる敵を攻撃したり、目的地に到着した瞬間に敵に素早くQを掃射することもできる。

その8 R+Wコンボ

Wはウルト中にいつでもキャスト可能で、キャストアニメーションを1秒も無駄にすることなく至近距離からターゲットに命中させることができる。カーソルが相手の上にある限り、Wは相手にヒットする。ダッシュ速度が速いから、狙いをつけるのは難しい。要練習だ。

その9 Rを駆使した壁越え

パッシブの影響を受けている敵が壁の近くにいるとき、円の外側をクリックすることでウルトを使ってその壁の後ろに行くことができる。攻撃的な使用方法は、例えばジャングルなどで地形に守られている敵に近づくために使う。防御的な使用方法は、敵がブリンクスキルやフラッシュを持っていないと追えないような逃げ道を切り拓くために使う。

その10 Eのステルスを使いこなす

Eを進化させてステルスを解除すると、アウトプレイのポテンシャルが飛躍的に高まる。一番いい使い方は、まずEをキャストしてから、その後で行きたい方向に移動することだ。行きたい方向に行きつつEをキャストすると予測されやすくなる。常に相手に「どっちに行った?」と予測させるようにしよう。でも、Eのステルスで一番いいところは、ステルス中にフラッシュを切っても、ステルスが解除されないこと。大幅に選択肢が増えるぞ。

 

翻訳元: 10 Tips for Kai’Sa Players

 

管理忍

まずはプラクティスツールで練習でござる。

おすすめ関連記事

【LoL】エズリアル使いのための10のヒント
その1 クレンズ クレンズはノックアップには効かない。しかしクレンズは敵のスキルのスタン成分を取り除くことができるので、これを利用してエズリアルは空中でスタンを解除してアーケインシフト(E)で逃...
【LoL】ジン使いのための10のヒント
OP その1 「死者への狂奏曲」(W)をうまく当てる方法 ジンのWは当たり判定がかなり狭いが、ヒットさせるコツはある。敵チャンピオンの足元を狙えばいい。ここに当たり判定のヒットボックスがあ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. 5と9の防御的使用法は全く頭になかったから今度から意識してやってみよう
    4と8は老人にはちと難しいかもしれん。。。

    1
    • 8はともかく4は全然難しくないぞ

      1
      • エイムはどこに合わせたらいいの?
        F後の位置から撃つつもりでWキャストしてF?

        • フラッシュ+スキルショットコンボのほとんどに言えるけど、フラッシュ後の位置からカーソルがあった座標に向けて飛んでくから、敵の位置に正確にエイム合わせとくのがいい
          なんとなく方向だけ合わせて撃つととんでもないとこ飛んでっちゃう

    • いけるで

  2. めんどくさい!難しい!無理!
    カイサの欠片BEにしよ…

    3
  3. 前のカイサでAP積んでW当てるのが楽しかったけど、今のカイサってその楽しさあるんでござるか?

    • ARAMなら強い
      サモリフではやめてもろて

      1
    • いわゆるフルAPはただのネタだけど、APカイサ自体はナッシャーのAPレシオ上がったのもあってまだ強い

  4. 進化のモーションキャンセルまだ出来るんだ。勝手に修正されたと思ってた

  5. 4後半の判定とアニメーションがズレるの初めて知ったわ
    これ知られてないから許されてるだけでカシオペアのultみたく修正案件でしょ

    • 修正入って無ければセラフィーンのRもフラッシュでずらせる
      キャストから当たり判定の発生までにラグがあるスキルは発生しやすいTIPSなんだろうな

  6. カジックスの進化キャンセルは咎められたのになんでカイサだけ許されてるんですかねえ

    3
    • lv6で進化するかしないかの違い
      カイサがlv6で進化するなら相手のカウンタープレイ用に進化キャンセルは出来なかっただろうね

      • レベルによるステ上昇で進化することがある以上変わらないと思うんですが

        2
  7. こういう記事助かる。

  8. カイサはほぼ使ってないから知らんこと多かったわ
    案外キャストタイミング自在なんだな

    1
  9. カイサ出始めの頃めちゃくちゃ強くて、対面に来ていじめられまくってたから嫌いな印象がついてあまり使ってない。が、ARAMで触ってみたら面白いしポテンシャルもあるし人気が出るのが分かるいいチャンピオンだよね

  10. 日本人のカイサって上手い人ほんといないからメカニクス結構要求されるチャンプなんだろうな
    日本鯖にいる中華とか韓国人のカイサでも同じレート帯の日本人のカイサと違いすぎる

タイトルとURLをコピーしました