【LoL】Top Esports vs. Suning / LPL 2021 Spring – Week 1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
第1試合
TES vs. SN-Game1| Week1 Day1 LPL Spring Split| TOP ESPORTS vs. SUNING

マッチヒストリー

第2試合
TES vs. SN-Game2| Week1 Day1 LPL Spring Split| TOP ESPORTS vs. SUNING

マッチヒストリー

第3試合

なし

※以下ネタバレ注意


Summoner1
Suning、数ヶ月前となんら変わらない鬼キャリーぶりを見せてしまう。

 

>>Summoner1
Summoner2
Suningの集団戦が素晴らしすぎた。

 

LCK
Huanfengがバケモンなんだが。

 

>>LCK
Summoner3
4人のガールフレンド差。

 

Summoner4
TESはデマーシアカップでやったことをすっかり忘れてしまったように見えるな。

 

>>Summoner4
Summoner5
FNCとG2の関係みたいに、Suningに対して苦手意識を植え付けられたと考えると、面白いね。

 

Summoner6
またしてもhuanfengはこのシリーズで一度も死ななかった。どういうバケモノなんだよ、こいつ。

 

>>Summoner6
Vi
チームが一丸となってhuanfengを守っていた。特にAngelが素晴らしい働きだった。スタッツには表れていないけどね。

 

Ryze
ていうか、サミーラがこれほどプロで使えないチャンピオンになるとはな……。マオカイ、ガリオのCC、ビクターの詠唱阻害……。

 

>>Ryze
G2
まぁまだたった2試合なんだけど、もしRiotがサミーラをプロシーンで出したいなら、一年中バランスバトルになりそうな気がするわ。プロシーンでサミーラをシャットダウンするのはソロキューよりずっと簡単な気がするんだよなぁ。早い段階でスノーボールすれば1v9でも勝てるけど、プロシーンだと信頼性がないかも。もっと観てみないとわからないけどね。

 

>>G2
Zoe
まさにADカタリナ。

 

ソース: Top Esports vs. Suning / LPL 2021 Spring – Week 1 / Post-Match Discussion

 

管理忍

調整班の出番でござる。

おすすめ関連記事

【LoL】LPL 2021スプリングスプリットのパワーランキング by Hysterics
LPL英語放送のキャスターであるHystericsによるLPL2021スプリングスプリットのパワーランキングを紹介。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. TESどうして…

    1
  2. TESのサポートがダメだな
    こいつは他の人の動きが全く見えていない

    1
  3. 新しいサポだから多少はしょうがないけどマジでズレてんね
    息あってたのKnightに合わせたシーンくらいじゃね凌がれたけど

    1
  4. SNも去年の決勝に比べるとイマイチだね
    特にサポ差がデカいかな
    このチームはマクロをもう少し改善すればもっと強くなりそうだけど上達する気配がないな

    1
  5. SNはショットコーラーのSwordArtがいなくなったのが大きいと思ってたがなんとか保ってるな
    実績で言えばTESの新supの方が去年のLDLで活躍していたはずなんだが

    5
  6. 面白いのはあんだけ騒がれてる涙杖をみんな積んでる所だよね。400gの投資てウェーブクリア安定させつつスケールしていける要素が競技シーンだと重要視されてるのかな…

    1
    • マナを大幅に確保できるのが現状涙だけだから仕方なくじゃないか

    • 1戦目はtopカルマ、midシンドラ、midヴィクターの3人が積んでいる
      うちカルマとシンドラは涙の時間がかなり長く、フルスタックのまま放置してる時間すらかなりのもの
      以前では涙杖が強く涙止めはありえない状況だったが、今では涙杖自体のパワーが落ちていることが読み取れる
      この2チャンピオンの場合、涙を積むのはマナの増加という1点のみを見ている。涙杖は副産物であり、涙杖目当てに積んでいるわけではない
      またシンドラは1vs1でのキル、Topカルマはレーニングでの相手の育成阻害とどちらも1vs1にフォーカスを当てているピックであるため、少しでも相手より早くパワースパイクを迎えようとしている
      そのためミシックの完成を優先し、早い段階での「格付け」を狙っている
      (カルマが中盤以降も1vs1を見続けるというわけではない。あくまで積んだ段階の話)

      2戦目はmidオリアナ、midヴィクター
      両者共に涙→ロストチャプター→涙杖→ミシックの順で進めている
      ここから読み取れるのは優先すべき装備の順がシンドラやカルマとは異なっているということ
      両者共にカルマやシンドラよりはパワースパイクが遅く、集団戦にフォーカスしたチャンピオン
      集団戦までにファームのためにマナを優先して積み、ミシックという手軽に手に入るパワースパイクすら捨てていることが読み取れる
      (あるいはメイジ向けのミシックが弱い。実際俺が弱いと思っているからこそであり、実際は違うのかもしれない)

      総括すると
      パワースパイクの時間帯によらず、涙はマナ増加そのものを目当てに積まれている。
      パワースパイクの早いチャンピオンの場合、最優先はミシックになり、それに至るまでの補助具としての選択。
       涙杖は他に魅力的な装備が見当たらない場合にアップグレードする程度であり、副産物。
       完成品としての費用が安いため、メジャイと合わせてミシック効果を無理やり引き出そうという狙いもある。
      パワースパイクの遅いチャンピオンは涙杖自体のことも考えて積んでいる。
       最優先はファームであり、スキルによるウェーブクリアを安定させるためにマナを優先して積んでいく。
       初手ミシックによる早い時間でのファイトを見ていないため、先に涙杖を作りきるよりファームを安定させ、その後にミシックを完成させることでミシックボーナスを獲得している。

      どちらもファームのために積むという根本は一緒だけど、狙いが少し異なるね

      9
    • マナ欲しいだけなら涙でいいしそういうことよね

    • そもそもセラフがコアだったライズ、アニビア、カサディンみたいなのにとって弱いって話だったから
      400円の涙はつよいフェアリーチャームみたいな感覚でつめるよね

  7. 海王は大活躍したんか。
    負けたらボロカスにいじられるプレッシャーに負けないメンタルは凄いな。

  8. 彼女4人いる奴は強いな

  9. Zhuoはデアーシアカップの時点だと結構よかったんだよな
    やはり本番はそう上手くいかないってことか

    ONは逆に悪かったはずなんだけど本番では無難だった

  10. DWGがnuguri抜けてちょっと弱くなったと思ったけど、TESとSNがもっと弱くなっててわろたw
    今年もLCKが優勝かな?

    1
    • 毎年夏に強いとこ出てくるからまだまだわからん

    • 去年DWGがめっちゃ強くなったの夏以降だからな、何もわからん

      • 去年の春のDWGは今と比較にならないくらい弱かったからな
        今年もあんな確変するチームが出てくるのか

タイトルとURLをコピーしました