スポンサーリンク

【LoL】C9 Licorice「(DFMとの)試合後、GoldenglueとSvenskerenと監督が笑っているのを見たけど、Reaperedだけは無表情だった。」

※ネタバレ注意

10月1日、2018年リーグ・オブ・レジェンドWorld Championshipのプレイインステージが韓国のソウルで新しく建設されたLoL Parkで始まった。Cloud9は最初と五番目の試合で戦い、ブラジルと日本に勝利し、2-0でその日を終えた。今日、Licoriceはエイトロックスとリサンドラをプレイし、敵のトップレーンにプレッシャーをかけ、敵チームを集団戦からゾーニングし続けた。

以下はCloud9 Licoriceへのインタビューである。

インタビュワー:今日の試合はどうでしたか?

Licorice:最初の試合はとても気持ちが良かったです。いくつかミスはしましたが、試合を台無しにするようなミスはありませんでした。二試合目はとても不安定で、致命的なミスが多かったです。試合は常に堂々巡りでしたが、最後の集団戦でようやく勝つことができました。

今日の試合があなたのWorld Championshipでの初めての試合だったにも関わらず、とても素晴らしいプレイでしたね。全く緊張していないのですか?

最初の試合の前はとても緊張していました。Worldsでの初めての試合だったので。二試合目の前はあまり緊張していませんでしたが、結果を見るともっと緊張しているべきだったと思います。

あなた以外で今日のあなたのチームのMVPは誰だと思いますか?

Sneakyですね。Sneakyは堅実で素晴らしい選手です。彼は常に自分がすべきことをしています。

あなたの二試合目で日本は驚くほど善戦していましたね。誰も予想はしていなかったでしょう。どこを間違えたと思いますか?なぜあなたたちはあんなに苦戦したんですか?

最初はリードしていましたが、リフトヘラルドを敵が気付かないことを望みながらプレイしていて、欲が出てしまいました。それ以外でも、5対5の集団戦でいくつかミスをしていしまいました。

試合の間、勝った瞬間も含めて、Reaperedはずっと怒った顔をしていましたね。この試合の後、Reaperedから何か厳しい意見を聞きましたか?

「あまりよくなかった」という旨の意見を聞きました。自分のしたことを各々が動画で確認し、考えるようにと言われました。あまり喜んではいなかったようです・・・。

試合の後、歩いているときにコーチングブースに目を向けました。Goldenglueは笑っていました。Svenskerenもそこで笑っていました。監督のVincentも笑っていました・・・。そして、Reaperedだけは無表情でそこにいました。私は「オーノー・・・」って思いましたね(笑)

今日の二試合目で分かった問題は今後すぐに解決できて、前に進めると思いますか?

今回のミスは次には改善できると思うので、一度きりのことだと思います・・・。また、この問題がトーナメントの最後の方ではなく、今回発生したのは良いことだと思います。

リサンドラのピックについてお伺いいたします。あれはあなたたちが隠していた切り札のようなものなのでしょうか?

そういうわけではありません。あれは私がソロキューで見て、強そうだと思ったものです。だから、私たちは少しリサンドラの練習をしました。あと、リサンドラはアーゴットなどのメタなチャンピオンに対して強いです。

それらのチャンピオンに対するリサンドラの強みは何ですか?

リサンドラのレーニングフェイズはとても安全なので、少しミスがあっても死ぬことはあまりありません。そして、ガンクに合わせるのも得意ですし、5対5でとても強いんです。

あなたは、あなた自身とC9がこのトーナメントでいい結果が残せると思いますか?これまでのWorldsでC9はいつもNA代表として最高の結果を残していますよね。

もちろん、そのつもりです。私たちには敵の意表を突くために、どんなチャンピオンでもピックする勇気があるのですから。

翻訳元: Inven

LicoriceはCloud9のトップレーナー。カナダ出身。


Lux 
>>自分のしたことを各々が動画で確認し、考えるようにと言われました。
「怒ってないが、ただ失望した。自分の部屋に戻って出てこないでくれ。」

Braum 
あの集団戦の後にコーチボックスが映ったとき、みんな喜んでるのに、Reaperedだけはぼんやりと画面を見詰めてたw
これで結果がどうであれ、Reaperedは苦言を呈するつもりだったって分かる。

Summoner1
Reaperedはポニーテールを解き、それを長い鞭にしたのであった。

>>Summoner1
S04 
Reapered=ベヨネッタ

Veigar 
Reaperedはそこに立ってるだけだよ・・・
恐ろしい顔でな!

Summoner2
俺の人生にはReaperedが必要だ。元気づけてもらうために。

Irelia 
試合後スレから拾ってきた。

C9 
>>そして、Reaperedだけは無表情でそこにいました。私は「オーノー・・・」って思いましたね
www

Summoner3
Reaperedの手にはベルトが握られていたのであった・・・。
選手たちかわいそうに。

Morgana 
Reaperedが怒っていたのはC9に試合を投げさせ、二位になることでグループBと当たるのを避けるために注意深くドラフトを組んだのに、選手たちがその場の勢いで感情的になって、45分にLJLのチーム相手に綺麗なエースを取って勝ってしまったからだよ。これでC9は恐らく今度は0-2になって、二位になるだろう。これでReaperedの基本計画が危険に晒されることとなった。こりゃ俺でも怒るね。

翻訳元: C9 Licorice: “After our match [against DFM], we saw GoldenGlue, Svenskeren, and our manager smiling… then Reapered was there with this dead-pan look.”

管理忍
Reaperedのポニテに隠された秘密が遂に明らかになったでござる。

『【LoL】C9 Licorice「(DFMとの)試合後、GoldenglueとSvenskerenと監督が笑っているのを見たけど、Reaperedだけは無表情だった。」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/03(水) 12:10:54 ID:158f3aa7a 返信

    管理忍さんへ
    もし可能だったらこのインタビューも訳してくれると嬉しいです。
    (リスニングがダメダメなので何言ってるかわからない・・・)

    https://www.reddit.com/r/leagueoflegends/comments/9klw9z/cloud9_jensen_we_shouldnt_have_won_game_2_vs/

  2. 名前:管理忍 投稿日:2018/10/03(水) 17:00:15 ID:268fad1f6 返信

    >>1
    後半がいまいち聞き取れないから、前半にJensenが言ってることの要約だけここに書いておくでござる。

    ・DFMに勝ったのは嬉しかったけど、勝ち方が好きじゃなかった。本来負けるべき試合だった。
    ・Cerosがジグスをプレイするのは知っていたが、ピックしてくるとは思わなかったので何をピックしたらいいか分からなかった。ピック候補は六つあった。
    ・イレリアをピックしたのは序盤にジグスを殺してスノーボールすることができると考えたから。
    ・集団戦が始まるときの自分たちの立ち位置が良くなかった。
    https://youtu.be/9uGET1WMxAw

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/10/03(水) 18:39:51 ID:3e359cb73 返信

    じゃあその後の1:20の質問から訳しておくよ
    emily:ジグス相手のレーニングは最悪ですよね。「うんざりだ、もう二度とやりたくねえ」って思ったりしましたか?
    jensen:序盤以降は退屈なレーニングになるってことはわかってたけど、ジグスがミニオンの後ろで安全にファームできるようになる前に殺せる機会があるだろうと思ってイレリアをピックしたんだ。でもレーニングはすぐ退屈になって、やり取りもなくなった。これはジグス対ブルーザーアサシンだからしょうがないことだけどね。別のマッチアップだったらよかったのにとも思うけど、まあいいよ。
    emily:序盤の集団戦でミスがいくつかあったと思いますが、そのあとの集団戦で巻き返しましたね。中盤から終盤の集団戦でのコミュニケーションについて教えてください。
    jensen:まずキンドレッドがアーゴットに何回も捕まってるって思ったからqssに行った。それと、位置取りが良くなかったから集団戦がぎこちなくなったんだ。そのぎこちない部分を修正できたから良くなった。
    emily:この試合からどんなことを学びましたか?失礼ですが、この試合は、あなたたちが思ってたよりも厳しいものだったでしょうから。
    jensen:まだ試合をもう一度みてないから確かには言えないけど、一つは、集団戦をするときにもっと位置取りをよくしなきゃいけないってこと。あとぼんやりした言い方だけど、全体的にプレイをよくするってこと。準備がよくできていなかったり、浮足立ってたせいで多くの集団戦が良くない形で始まって、ずっと相手にやりたいことをやらせてしまった。
    emily:自分たちが何をやりたいかってことに集中することが特にグループステージなどでは大切だと多くのプレイヤーが言っていますが、それについてどう思いますか?また、どんなアドバイスをチームメイトにしていますか?
    jensen:世界戦の時もチーム全体としてどうプレイするかを変えないのがずっと自分たちのスタイルだけど、それはほかの良いチームのプレイスタイルを真似ても、彼らのほうが長くそのスタイルでプレイしてるし、単純にプレイヤーとしても彼らのほうが上手い場合があってどうせ勝てないから。ほかのインタビューでも言ってることだけど、できるだけ自信をもって、試合について心配し過ぎないようにってことは伝えてる。そういう意味でプレイインは良い場所で、良いチームとも対戦するけどグループステージよりは楽で、良い練習になると思う。
    emily:最後に、この試合が終わって「すこーしだけ」心配してるであろうnaの観客に何か伝えたいことはありますか?
    jensen:naの人はたいてい寝てただろうからこの試合の恐怖を味わった人は少ないと思うけど、応援ありがとう。これからの試合も勝てるように頑張るよ。
    emily:ありがとうございました

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/10/03(水) 21:40:00 ID:3dca0a9ae 返信

    おもしろいね、インタビュー翻訳ありがとう(本人じゃないけど

  5. 名前:管理忍 投稿日:2018/10/03(水) 22:44:51 ID:268fad1f6 返信

    >>3
    是非記事を書いてほしいでござる・・・。

  6. 名前:匿名 投稿日:2018/10/04(木) 05:58:26 ID:334d28955 返信

    >>1です。

    >>2 & >>3
    お二人共ありがとうございます!!
    jensenの考えが知れて良かったです