【LoL】T1 Stardustコーチ「確かにチームは不安定な状況だが、私一人で取り組んでいるわけではない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、Inven Globalより、T1 Stardustコーチへのインタビューを紹介。

T1 Stardust: "It’s true that the team is unsettled right now, but I’m not doing this alone."
On July 17, in the 2021 LCK Summer Split, T1 defeated DWG KIA 2-1. It was their second straight win after the controversial coaching staff change. It wasn't an ...

――勝ちましたね。今の気持ちをお聞かせください。

Stardust:かなり難しい試合になると思っていましたので、選手たちには「勝てるぞ」と言い聞かせていました。そして本当に勝ちました。これからも頑張れると思います。

――DWG KIAにはずっと勝てませんでした。その理由はなんでしょうか。

Stardust:シンプルな話です。DWG KIAは我々よりも良いプレーをし続けていましたから、我々は負け続けていたのです。今回は、我々の方が優れていたから、勝ったのだと思います。

――今日の試合に向けての準備はいかがでしたか?

Stardust:KT戦から、中一日しかありませんでした。ですから、それまでの練習を思い出しながら、基本に忠実にプレイしました。

――第1試合の敗因はなんですか?

Stardust:スクリムの結果がとても良かったですし、チームの雰囲気も良かったのですが、みんな興奮しすぎて、練習してきた基本を忘れてしまったのではないでしょうか。Momentコーチのフィードバックが効いたのか、第2試合からは勝つことができました。

――第2試合では先行していましたが、なかなかゲームを畳めずにいました。その理由はなんでしょうか。

Stardust:我々にはまだまだ足りない部分があります。自分たちの問題点は分かっていますし、短期間で解決できると信じています。選手たちもよく理解しています。

――第3試合の評価はいかがでしょうか。

Stardust:フィードバックする時間があまり無かったので、学んだことを忘れず、基本に忠実にプレイすれば、結果は後からついてくると話しました。選手たちはよく頑張ってくれました。特に若い選手たちがよく頑張ってくれましたね。

――若い選手たちは、自分たちのことを「02トリオ」と呼んでいるようですね。Oner選手とGumayusi選手の強みとはなんでしょうか。

T1のKeria、Gumayusi、Onerは、全員2002年生まれ。

Stardust:すべての面で少し足りない部分はあるのですが、個々人の能力、学習の速さ、メタの理解、そして練習量がそれを補っているところですね。

――ドラフトでは、選手たちがたくさん意見を述べているようでしたが。

Stardust:ドラフトのほとんどはMomentコーチが行います。練習したチャンピオンや、良かったチャンピオンなどについて、選手たちと話をします。

――DWG KIAはザックをピックしましたが、戸惑いませんでしたか?

Stardust:ザックを見たことは無かったので、確かに戸惑いましたね。でも、第1試合の敗因がザックにあったとは思えません。

――Polt(T1のゼネラルマネージャー)は、記者会見で「T1はいい結果を出す」と言っていました。サマースプリットでは、前のコーチ陣の勝率は50%でした。それよりも良い結果が得られると思いますか?

Stardust:そうしたことに関わらず、我々の目標はすべての試合に勝つことです。前任のコーチングスタッフがしっかりと選手たちを指導してくれたので、自分たちなりにできることをやっていこうと思います。

――チームがかなり不安定になり、大きなプレッシャーを感じていらっしゃるでしょうね。

Stardust:今、チームが不安定なのは事実です。ですが、私一人で取り組んでいるわけではありません。Momentコーチも、Poltもいます。選手たちともよくコミュニケーションを取り、彼らの意見を聞いています。そうした意見をもとに、私は最善の決断を下したいと思っています。

――現在、あなたは暫定ヘッドコーチですが、これからどのようにチームを導いていこうと考えますか?

Stardust:今の不安定な空気をどうにかしようとするよりも、勝利すればすべてがうまくいくようになるのではないでしょうか。方向性は常に変わる可能性がありますから、それぞれの状況でできることをやっていこうと思います。

――何か最後にコメントはありますか?

Stardust:昨日、T1は不幸に見舞われました。そんな中でも頑張ってくれた選手たちに感謝しています。ファンの皆さんは、最近の問題で色々とご心配だとは思いますが、良い結果を出して、恩返しができるように頑張りたいと思います。

T1のCOO(Chief Operating Officer、最高執行責任者)のJohn Kim氏が、40歳という若さで亡くなった。合掌。

 

翻訳元: T1 Stardust: “It’s true that the team is unsettled right now, but I’m not doing this alone.”

 

管理忍

ご冥福をお祈りするでござる。

 

おすすめ関連記事

【LoL】T1 vs. DWG KIA / LCK 2021 サマースプリット - Week 6
T1 対 DKに対する海外の反応。
【LoL】T1 Keria「プレデタースレッシュはNS Kellinがメイジサポートに対してよく出していたから真似した」
Inven GlobalによるT1 Canna、Keriaへのインタビューを紹介。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. ドラゴンソウル捨ててバロン取って時間稼いでから
    エルダーで逆転を狙う

    とてもT1らしいマクロだと感じた

    1
  2. 第3戦のリプレイが追い付かない怒涛のキルは正直笑ってしまった

タイトルとURLをコピーしました