【LoL】NAチャレンジャーによるADCビルド概論:チャンピオン編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイテム編はこちらから。

【LoL】NAチャレンジャーによるADCビルド概論:アイテム編
多種多様なビルドが存在するADC。そんなADCのビルドについて、NAチャレンジャーcallum koiによるガイド(前編)を紹介。

アフェリオス

パッチ11.13以降、脅威を2番目に上げるようになったことは忘れずに。特に2コア目にコレクターを選択する場合は重要だ。非常に固い構成を相手にしていて、クラーケンスレイヤー→ルナーンハリケーンと積む場合は例外。

1コア目

イモータルシールドボウ

最も一般的。生存率を高めつつ、序盤からヴァンパイアセプターを積むことでレーニングの助けにもなる。毒蛇の牙を積むようなADアサシンを相手にすると少し弱くなるが、とはいえ役に立つアイテム。飛び込んでくる相手に。

クラーケンスレイヤー

最もダメージの出るアイテム、それだけ。ダメージが欲しい、peelがあるか相手に脅威が少ない、そんなときに。前から溶かして行く試合では買いやすい。

ゲイルフォース

バースト、機動力が得られるアイテム。どうAAレンジに入るのか、といったアフェリオス最大の問題を補うことができる。加えて、脅威を上げやすくなったことによりゲイルフォース+コレクターのビルドがより魅力的になった。AAしづらい試合や、柔らかい構成に対して。

2コア目

ルナーンハリケーン

ジンクス同様、前から溶かしていく試合ならバリューの高いアイテム。インファーナムを持っていなくとも、ウェーブクリアが楽になるという利点もある。キャリブラムによるマークから、複数人をスネアする……なんて夢のシナリオもあり得る。

ファントムダンサー

機動力を得つつ、単体に対してDPSが出せるアイテム。飛び込んでくる相手に強く、アイテム自体の性能も良い。

コレクター

11.13以降メジャーとなったアイテム。最も高いバーストを出せるため、柔らかい構成に強い。ゲイルフォースやイモータルシールドボウと組み合わせるのが良い。逆にクラーケンを積むなら、ルナハリやファントムダンサーでシナジーを活用すべき。

ラピッドファイアキャノン

珍しいアイテム。射程が長いものの柔らかいような構成には強く、自分が負けている時にも買いやすい。ゲイルフォース+ラピファ+グラビタムの組み合わせでゲームメイクできる可能性もある。

3~5コア目

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他

基本はAS靴だが、AD偏重の構成相手ならスチールプレートキャップも悪くない。特にAAチャンピオンが多かったりするとなお良い。マーキュリーブーツはあまりおすすめしないな。

アッシュ

1コア目

イモータルシールドボウ

最も一般的なミシック。序盤のライフスティールはレーニングで強く、完成すればパッシブにより生存率も高まる。アッシュのように生き残りづらいチャンピオンにとって大事だ。

クラーケンスレイヤー

アッシュでDPSを出したい場合。Peel要員がいたり、相手に脅威が少なかったり、自分がキャリーだったり……そういったときに買うアイテムだ。

ウィッツエンド

上記の2つを足して2で割ったアイテム。APに対して守りを固めることができ、そのスタッツやon-hitからかなりのダメージを出すこともできる。ミシックより安価なのも魅力的だ。
問題はその素材。ハースバウンドアックスは許そう。だがネガトロンクロークは……序盤に積みたいアイテムではないかな。結局ADもミシックより低くなってしまうが、完成時のMS、ダメージは良いものだ。

ゲイルフォース

あまり見ない選択肢。アッシュのレンジは既に長く、エンゲージも遠距離から行いやすいのだが、役に立つ試合があるかもしれない。

2コア目

ファントムダンサー

ミシックを1コア目に積んだなら、これを積むことが多いだろう。クラーケンスレイヤーと組み合わせた際のDPSは段違いだ。得られるMSもkiteに役立ち、素材も強い。

ルナーンハリケーン

同じく、ミシック後に。フロントラインが多めの構成に強く、スロウやダメージをばらまくことができる。シールドボウと組み合わせた方が良いが、クラーケンスレイヤーと使っても悪くないアイテムだ。

ウィッツエンド

同上。AP偏重の構成を相手にするなら、ウィッツエンドは良い選択肢だ。以下同文。

ミシックアイテム

ウィッツエンドを初手に積んだなら、ここでミシックを積むことになるだろう。生存力の点からシールドボウを積むことが多いが、クラーケンもダメージ面で優秀だ。

3コア目

IE

ミシック+ジール派生と来たなら、いい選択肢。ダメージが出るよ……他に言えることもないな。

グインソーレイジブレード

ウィッツエンドを挟んだ場合、大抵はグインソーを積むことになるだろう。アッシュのAAし続けるスタイルに合っているし、ウィッツエンドのon-hitとも噛み合う。

ドミニクリガード

固い相手を粉々にしたいなら。

4~5コア目

まだ積んでいないなら、IEかグインソー。あとは、状況に応じたアイテムかドミニクだ。終盤においては、よりDPSを高めるためグインソーをIEに買い替えてしまおう

序盤のパワースパイクのため、ほぼ毎回AS靴を積むことになるだろう。このパワースパイクは捨てるにはあまりにも大きすぎる……ほとんどのアッシュ使いは、ミシックより先に間違いなく靴を完成させているのだ。とはいえ、AD偏重の相手にプレートスチールキャップを買っても悪くないだろう。

ケイトリン

1コア目

ゲイルフォース

基本的にはこれだ。大抵の相手に対しE→ゲイルフォース→AA→……とバーストを叩き込むことができる。ケイトリンが苦手としているような、有利なエンゲージの役にも立つ。

クラーケンスレイヤー

タフな相手にDPSを出したいあなたへ。フロントラインを破壊したい時に積もう。

イモータルシールドボウ

あまり見ないが、もちろん悪くない。バーストに強いし、毒蛇の牙を積まれなさそうならなお強い。

2コア目

ストームレイザー

よく見るアイテムだろう。スロウによりWのセットアップを容易にし、バーストの上乗せにもなり、スタッツも良い……ケイトリンはASよりADを必要としているのだ。購入することでADをグンと上げられる、BFソードが素材なのも加点要素だ。

ラピッドファイアキャノン

これもよく見る。レンジに入りづらいものの柔らかい構成に対し、バーストやレンジを上乗せしてくれる

コレクター

主にゲイルフォースと組み合わせ、バーストを極限まで高めるビルド。スノーボールしている時に、柔らかい構成に対して。

ファントムダンサー

クラーケンやシールドボウと合わせて、固い相手へのDPSを高めるアイテム。スタックによるMSやASも助けになる。

ドミニクリガード

固い相手だけを見ればいいようなら、クラーケンとこれだ。ファントムダンサーを先に買って3コア目にドミニク、というのが理想ではあるが、急いで買わなければならない場合もあるだろう。

3コア目

IE・ドミニク

前に書いた通り。

ラピッドファイアキャノン

ストームレイザーを積んでいたなら、これと組み合わせるのが良い。キャッチ性能を高めつつ、バーストの威力も上がる……が、柔らかい構成を相手にするだけならIEで問題はない。相手のレンジが長いようならラピファだ。

4~5コア目

IE・ドミニク・ラピファ・その他→IE・ドミニク・その他

最もダメージが高く、レーニングにおいて強力なAS靴になるだろう。ミシックより優先されることも多い。AD偏重にはスチールプレートキャップも悪くないが、マーキュリーブーツはやめておこう。

エズリアル

ビルドという面では、かなり浮いているチャンピオンだ。それ故に、いろいろな選択肢も載せておいた。
涙スタートを行ってもいいものの、序盤がかなり弱くなるため、かなり受けに回るマッチアップでもなければ推奨されない。

1コア目

ディヴァインサンダラー

主に使われているミシック。11.13でナーフが入ったため、100%積むほどではないが、特に固い構成に対しては割合ダメージ、ミシックボーナスが強力だ。エズリアルが固く、キルしづらい要因の1つでもある。飛び込んできたり、エンゲージしてくる相手が多いようなら。

トリニティフォース

終盤はエッセンスリーバーに追い抜かれてしまうとはいえ、試合の殆どにおいてDPSやシーン効果の面で最も強いアイテム。1v9の試合、キャリーするしかない時に。

エッセンスリーバー

以前は良く積まれていたアイテムだが、数を減らしてきている。バーストやシージといった観点では強力だ。TFでDPSを出すほど近くにはいれないが、サンダラーを積んで固くなる必要もない、そんな時に。あと、シーン派生で一番安い

マナムネ

今や最初に積むアイテムではないが、中盤のパワースパイクを早めたいなら。とはいえ、やめたほうが良い。

2コア目

マナムネ

まあこれを積むことになるだろう。ムラマナ完成によって得られるパワースパイクはずば抜けている。涙はシーンの次くらいに買っておくことを忘れずに。

3コア目

セリルダの怨恨

エズリアルにとって、非常に強力なアイテム。Qにスロウが乗り、物理防御貫通によってかなり痛くもなる。アジリティクロークではなくコールフィールドウォーハンマーを素材としていることから、ドミニクの持つ問題点も解消されている。攻めに回るなら、これだ。

フローズンハート

エズリアルにとって、非常に強力なアイテム。AD構成に対し強力な上、ムラマナの、マナをADやon-hitに変換するパッシブからダメージも補える。体力とアーマーの相乗効果、フローズンハートのパッシブ(体力スケール)を考えると、サンダラーと合わせて積むのがより効果的

ドラクサーダスクブレード

エッセンスリーバーを積んだなら、これしかない。セリルダを先に積み、ドラクサーは4コア目でも構わないが。

4~5コア目

ケミパンクチェーンソード

実質モータルリマインダー。

ラヴァナスハイドラ

実質ブラッドサースター。

ガーディアンエンジェル

先に述べた通り。エズリアルにおいても優秀。

マルモティウスの胃袋

同上。

ゾーニャの砂時計

なんとエズリアルと相性がいい。(特に終盤のWなどは)それなりにAPレシオがあり、そもそもゾーニャは防御面で最高級のアイテムだ。

スキルヘイストを盛るため、アイオニアブーツを買うことになるだろう。AD構成にスチールプレートキャップ、AP構成でCCが多いようならマーキュリーブーツ。AS靴はやめとこう。

ジン

1コア目

ゲイルフォース

正直、これ以外のミシックは考えられない。ゲイルフォースによるバースト、ブリンクはジンにとって欠かせないものだ。レンジドにおいて赤月の刃がナーフされて以降、他に合うミシックもなくなってしまった。

2コア目

コレクター

ジンにぴったりのスタッツ、(減少体力に応じてダメージの上がる)ジンにぴったりのパッシブ。基本はこれだ。

ラピッドファイアキャノン

レンジに入るのが厳しかったり、Wとのコンボを狙っている場合。他のADCと異なり、バースト目的ならコレクターを買うべき

ドミニクリガード

基本的にジンは固い構成がキツいので、あまり見ないアイテム。どうしてもそうしなければならない状況なら。

3コア目

ラピッドファイアキャノン

バーストの補佐、Wの始動に。最強のダメージや、スノーボールを狙っているのでもない限りはこれだろう。チェイスにおいても強力。

IE

バースト、ダメージがもっとも出るアイテム。ラピファに比べると高いが、ダメージに全てを賭けているならぴったりだ。ADを盛れるためラピファよりスキルでダメージが出やすく、11.16ではUltのバフにより更に強力となる

ドミニクリガード

固い構成に……以下同文。

4~5コア目

基本的に、ジンのビルドはゲイルフォース・コレクター・ラピファ・IE・ドミニクかGA、後は靴を売って残りのどちらか……という形になる。既にゲイルフォースのミシックボーナスからMSが得られているためだ。状況に応じて、GAを他の守備アイテムに買い替えても構わない。

スイフトネスブーツによって、安い投資でMSによるパワースパイクを迎えることができる。ジンの強みであるショートトレードを活かすことができるのだ。AD構成にはスチールプレートキャップで、他のADCよりはマーキュリーブーツも買えなくはない。AS靴はやめたほうが良いが……ダメージに命を懸けるなら面白いかもしれない。

ジンクス

1コア目

クラーケンスレイヤー

1コア目のパワースパイクとして最も強く、安定してDPSを出すことができる。大抵の試合で積むが、特に固いフロントラインを溶かす必要があるならこれ。

ゲイルフォース

柔らかい構成に対し、バーストを叩き込んでジンクスのパッシブを発動させることができる。こちらにエンゲージできない相手へ、対応を迫ることもできるアイテムだ。クラーケンと比べると、DPSやスタッツは落ちることに注意。

イモータルシールドボウ

バースト重視の構成には強いかもしれないが、クラーケンやゲイルフォースによるダメージの方が多くの試合で大事になってくる。毒蛇の牙を積めるチャンピオン(ADアサシン)が相手にいる場合、価値が下がることにも注意だ。

2コア目

ルナーンハリケーン

前から溶かしていく戦い(整った形で始まり、飛び込んでくる相手が少ない集団戦)なら、ジール派生で最強だ。低レートでは雑に買われがちだが、しっかりパッシブを有効活用できなければ、かなりコスパの悪い装備となってしまう。とはいえ、上手く行った際のダメージは気持ち良いものだ。

ファントムダンサー

高レートで最もよく見るジール派生。ルナハリと比べると2倍のMS、20のADを得ることができ、これはルナハリやラピファで得られるASより役に立つことが多い。もちろん、スタックが溜まればASにおいても上回る。DPS面において非常に強力なアイテムで、基本的な選択肢となるだろう。

ラピッドファイアキャノン

少し珍しいが、継続してAAしづらい試合では役に立つ。ラピファとゲイルフォースでは役割が似ているため、同時に積まれることが多い。バースト面でも強く、射程が150伸びるために、シージやpokeも行いやすい。キルアシを取り、パッシブを発動させるのも楽になる。
特にIE完成後は、相手も875もの距離から飛んでくるロケットに驚くことになるだろう。

3~5コア目

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→その他

AS靴。AD、AA偏重ならスチールプレートキャップ。マーキュリーブーツはやめよう。

カイ=サ

ビルドにおいて、しかも1コア目完成までで、選択肢が多いという特徴的なチャンピオンだ。ということで、ここでは少し変わったフォーマットで紹介させてもらおう。また、ロンソスタートをするなら(セレイテッドダーク→ヌーンクィヴァー→ピッケルによる)Q進化に追加のロンソが必要なことは覚えておくように。
加えて、カイ=サのビルドには、E進化の為にAS靴が必須だ。

ビルドその1

クラーケン→ファントムダンサー・ウィッツエンド→IE・ドミニク→IE・ドミニク→その他→その他

固い構成に対し強力な、基本的なビルドだ。後に紹介する序盤のビルドはこの場合も有効で、強力。
アイテム欄を空けたり、ゴールドを工面する必要があるなら、序盤に購入したセレイテッドダークを売却しよう。

AP構成に対してはウィッツエンド、それ以外ならファントムダンサーだ。また、2コア目がウィッツエンドなら、直後にIEを積むことは出来ない。ドミニクなどでクリティカル率を確保し、IEへ進もう。
ウィッツ→ルナハリ・ファントムダンサー・グインソーのビルドも試されている。

ビルドその1.1

クラーケン→コレクター→ファントムダンサー・ルナハリ・ウィッツエンド→IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→その他

スノーボールしてる場合に。3コア目にウィッツエンドを積むパターンが増えてきているね。コレクターは終盤、状況に応じて買い替えてしまって良い。
3コア目はファントムダンサーを選ぶことが多いだろうが、ルナハリも前から溶かしていく試合では有効だ。ラピファもあり得るが、ほとんど必要ない。ウィッツエンドはダメージやMR重視のアイテムだが、少し素材が弱い。

序盤:セレイテッドダーク→ヌーンクィヴァー→ピッケル

最強アイテムであるセレイテッドダークのおかげで、序盤からQ進化を行える。脅威の分もあり、進化Qはたった3275G(ドランブレードも含めて)でかなりのダメージを叩き出せるんだ。
この順序はリコールタイミングによっても変わってくる。まずセレイテッドダークを目指し、あとはADをできる限り積んでいこう。もし中盤以降に重きをおいているのであれば、このビルドのことは忘れてもらって構わない。

ビルドその2

ゲイルフォース→コレクター→ジール派生→IE・ドミニク→IE・ドミニク

特にスノーボールしている試合で、柔らかい構成に強い。1.1同様、コレクターは終盤買い替えてしまっても良い。ジール派生のものは4つのうちどれでも良いが、ルナハリが一般的だろう。ラピファもレンジの長い構成に対して、Ultやバーストの補助として使える。
このビルドにおいては、レベル15までE進化が行えなくなってしまうため、ファントムダンサーは避けられがちだ。同様の理由でモータルリマインダーも厳しい。ジール派生で最弱でもある……強力なサステインには有効だが。

ビルドその3

クラーケン→ロンソ2本→ウィッツエンド→ナッシャートゥース

APが必要な時や、逆に相手がAP構成な時に。かなりのDPSを出せるビルドでもあり、ゾーニャのようなアイテムも許容される。
基本的に、セレイテッドダークは買わないことが多い。

他2つのビルドに比べ、全てのスキルを進化することでAPダメージを出すことができる。4~5コア目はゾーニャやラバドンになることが多いが、バンシーヴェイルやヴォイドスタッフなんかもありだ。on-hitが多いことから、グインソーを試しているプレイヤーもいる。

カリスタ

1コア目

イモータルシールドボウ

基本的にはこれだ。ライフスティールとそのパッシブで耐久力が高まれば、槍を引き抜く本数も増える。ド安定

ウィッツエンド

AP相手に。シールドボウ同様に耐久力を高めつつ、その40ADとon-hitでさらなるダメージを出してくれる

クラーケンスレイヤー

基本的には積まないが、DPSを出せる選択肢ではある。

2コア目

ルナーンハリケーン

ウェーブクリアに役立ち、集団戦で槍をばらまくこともできる、安定のアイテム。大体の試合で積むだろうが、飛び込まれ続けるような試合では役に立たないだろう

グインソーレイジブレード

2コア目として、最もDPSの出るアイテム。槍の本数が増え、単体へのDPSが上がっているためドラゴンやバロンを取るのが早い。

ウィッツエンド・イモータルシールドボウ

まだ積んでいなかった場合、上記と同じ理由で積んでも良い。

3~5コア目

基本的に、カリスタのビルドはルナハリ・グインソーが核となっている。これに加えて、守備的なアイテムやブラッドサースター、タンキーすぎる相手へのドミニクなどが、ビルドをまとめ上げ、生存力を高めるいいアイテムだろう。ブルーザーなんかを相手にする場合は、GAも彼女の短いレンジにとって役立つアイテムだ。

ミス・フォーチュン

シヴィアのように、脅威・クリティカルと2種類のビルドが考えられる。脅威ビルドは柔らかい相手に、クリティカルビルドは固い相手に。また、クリティカルビルドの方がスケールが良く、Ultへの依存度は少ない。一方、脅威ビルドはかなりUltへの依存度が高いのだ。

1コア前

もしコレクターを積もうと思っているなら、セレイテッドダークは早めに作っておこう! OPで、序盤の有利を広げやすい。

1コア目

クラーケンスレイヤー(クリティカル)

MFは、クラーケンのパッシブとかなりのシナジーを持っている。Qはスタックを貯める手助けになり、Wへの依存度の高さ故に欠けている、単体へのDPSを補ってくれる。固い相手を溶かしたい、Ultへの依存度を下げてパッシブを有効活用したい、そんなあなたにおすすめ。

ゲイルフォース(クリティカル)

良いスタッツに機動力、バーストの底上げ。もう1つの選択肢だ。クリティカルビルドへ行きたいものの、クラーケンを積むほどDPSはいらない、なんてときに。そのパッシブや脅威から、ゲイルフォースを積みたい試合においてはコレクターを積む事が多い。

ドラクサーダスクブレード(脅威)

メインアイテム。スタッツがよく、優秀な素材であるセレイテッドダークから合成できる。レアな状況だが、ダスクブレードのパッシブはUlt中でも発動するので、対象指定CCやダメージを防げる可能性がある。もちろんQの跳弾などでも発動するし、全体的に優れたアイテムだ。

赤月の刃(脅威)

ヴァルスと同様にナーフ以降あまり見なくなったアイテムだが、採用する可能性はある。序盤のヴァンパイアセプターでpoke相手のレーニングが楽になり、完成すればパッシブのシールドがバーストから守ってくれる。
ミシックボーナスの面では、ダスクブレードのスキルヘイスト5は強いとは言えあまりインパクトがない一方、こちらは4%の物理防御貫通であり脅威との相性が良い

マナムネ(脅威)

序盤は抑え目だが、中盤に完成して得られるAD(約80以上)でパワースパイクを起こすことができる。時間はかかるものの、中盤のパワースパイク、Ultを見ているなら悪くない

2コア目

ブラッドサースター(クリティカル)

クラーケンと同時に積むことが多い。純粋にADとライフスティールを得られる為、AAし続けることが容易になる上、シールドは飛び込んでくる相手から守ったり、パッシブのMSを維持する役に立つ。DPSビルドで有用だ。

エッセンスリーバー(クリティカル)

ウェーブクリアでQをたくさん打ちたいなら悪くない選択肢。あまり好きではないし、コレクターやブラッドサースターの方が優れていると思っているが、最低ラインは超えている。
難点はMF自体のADが非常に低いことから、どれほど盛ったとしてもシーン効果が大したダメージにならないことだ。使えるが、あまりオススメできないアイテムといったところ。

コレクター(どちらでも)

先述した通り、ゲイルフォースと共に積むか脅威ビルドで積むかの二択がある。EやUltといった、パッシブを発動させる手段が豊富なMFに噛み合ったアイテムだ。脅威やADを盛りたいMFにとってスタッツも魅力的で、他と比べて安めでもある。
脅威ビルドではクリティカル率が無駄になるが、Ultや適当なAAがちょっと痛くなるかもしれない。

ドミニクリガード(どちらでも)

非常に固い相手に。どちらのビルドでも物理防御貫通やジャイアントスレイヤーは活用できるので、2コア目に積んでも問題ない。

毒蛇の牙(脅威)

スタッツが良く、MFにとってお買い得な一品。シールドの多い構成を相手するならマストバイだ。

マナムネ(脅威)

序盤に涙を買って、2コア目に完成させても十分、中盤にマナムネの強みを活かすことができる。

3~5コア目

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他(クリティカル)

ドミニクかセリルダ、毒蛇の牙、ナイトエッジ、GA、マルモティウス、コレクターの中から3つ(脅威)

ドミニクとセリルダのどちらを積むか、という問題だが、一般的にドミニクの方が価値が高い。しかしながら、ジャイアントスレイヤーがあまりバリューを出せない場合はセリルダだ。物理防御貫通は脅威とのシナジーを考えると必ず欲しいスタッツだし、Ultにスロウが乗る、というのはかなり大きな要因でもある。

クリティカルビルドでは、AS靴が良い。AD構成に対してはプレートスチールキャップ、マーキュリーブーツはあまりオススメできない。
脅威ビルドにおいては、かなり遠くから戦う事が多く、Wもあまり使えないため、靴を完成させないこともある。スイフトネスブーツはポジショニングに使いやすく、アイオニアブーツでCD(主にUltの)を短縮するのも良い。防御的な靴も悪くない選択肢だ。

サミーラ

1コア目

イモータルシールドボウ

他に何を買うっていうんだろうか。プレイスタイルにピッタリな上に、あまりにもライフスティールがスキルセットと噛み合っている。

2コア目

コレクター

100試合中95試合は積むことになるだろうアイテム。サミーラはクリーンアップ系のチャンピオンで、スキルが使われ体力の減ってきたところに入りたい、という目的に噛み合う。EのCDリセットにも役に立つ。Ultとの相性も最高で、ADと脅威を盛ることでキルを更に確実なものとすることができる。
エッセンスリーバーのようなアイテムの方がよりDPSを出せる……というのが通説だが、サミーラというチャンピオンは、DPSよりもいかにUltを有効活用するかにかかっているのだ。

ドミニクリガード

本当に固い構成にどうぞ。柔らかい相手に対しダメージが減っているように感じるだろうが、タンクを狙っているならそれでいい。

3~5コア目

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→その他

ブラッドサースターについては前に書いた通りだが、サミーラにとっては状況によって良いアイテムだ。敵中へ突っ込むスタイルにはGAも噛み合っている。シールドボウを積んでいる以上、マルモティウスは積めないから……MRを積みたいならスピリットビサージュも考慮しておこう

レーニングの安定や、飛び込んでいる間の耐久力を求めスチールプレートキャップを買うことが多いだろう。マーキュリーブーツもCCやAP対策に悪くない。サミーラのようなチャンピオンはCDが大切なため、個人的にはアイオニアブーツを使うことが多いな。AAをより早く交ぜるために、貪欲にAS靴を買う人もいる。

セナ

ADCセナが強いとは思えないので、断食セナについて話そうと思う。もし断食セナを知らないなら、少し古いとは言えこの動画が理解の役に立つだろう。

1コア目

霊者の鎌

マストバイ。ゴールドを生み出しつつ、コスパもいい。断食セナをする大きな理由

2コア目

ディヴァインサンダラー

大抵の場合はこちら。彼女のADは50で固定されるため、シーンは有効活用しづらい……とあまり素材は好みでないが。ファージ→キンドルジェム・シーン→残り、といった順序で積むことになるだろう。キンドルジェムで得られる耐久力が優先されることが多いが、シーンのダメージが役に立つ場合ももちろんある。
ダメージはもちろんのこと、防御力を高め、大きなパワースパイクとなるアイテムだ。

クラーケンスレイヤー

個人的に好みのミシック。ダメージやASを盛ることができる、DPSが高いアイテムだ。2回殴ってミニオンやワードにQを打つことで、遠距離からパッシブを活用することもできる。サンダラーと比べ、かなり防御力は落ちることになるから、基本的には微妙だが。

3コア目

グインソーレイジブレード

最もDPSの高いアイテム選択。(セナ自身のパッシブによる0.2ADのon-hitや、そのproc、QのCD短縮など)パッシブとの相性が驚くほど良く、クリティカル率をon-hitへ変換することで(on-hitは乗るもののクリティカルはしない)Qが実質クリティカルを出してるかのように扱うことができる。ダメージを追い求めるならこれだ。

ラピッドファイアキャノン

バースト寄りのアイテム選択。これを用いたQ+AAコンボを使いこなせるようなら、更に強力になる。レンジに入りづらい場合、バーストが欲しい場合、単にラピファが買いたい場合に。
Qで実質クリティカルを出せるように、前もってレイジナイフを購入しておくのもありだ。

ブラッククリーバー

ディヴァインサンダラーと共に採用することで、アーマー削減、スキルヘイスト、耐久力といったコンセプトをより貫くことができる。

4コア目

グインソーレイジブレード

グインソーを積まないセナというのは存在しない。どこかで積んでおくこと。

ラピッドファイアキャノン

グインソー同様、ラピファを積まないセナも存在しない

ドミニクリガード

固い構成にはこちら。セナは基本的にレベルで遅れを取るため、体力の差は必然と大きくなる。基本的に物理ダメージしか与えない上、CDの短い、非常に強力な割合ダメージであるパッシブを持っているため、物理防御貫通は大事なスタッツでもある。
ただ、サンダラー(と恐らくブラッククリーバー)を積んでいる場合、体力が盛られているので少しバリューが落ちることは覚えておこう。

ビジラントワードストーン

なんと断食セナにとってもいい選択肢だ。安い上にかなりのスタッツを得られる。ワードを置く個数が増えるなら、試合に勝つこともできる

5コア目

その他(特に毒蛇の牙やモータルリマインダー)、もし積んでいないならラピファ・グインソー・ドミニク、ワードストーン

セナとMSは相性が良い上に、安い……そんなスイフトネスブーツを買おう。AD構成にはプレートスチールキャップ。CCを食らったらもうそれは死ぬので、マーキュリーブーツは微妙。ユーティリティを高めたいならアイオニアブーツも悪くない。AS靴はやめておこう。DPSを極めたいなら止めはしないが……。

もしADCセナを使いたいなら、クラーケン→グインソー・ラピファ→ラピファ・グインソー→ドミニク→その他、涙→サンダラー→マナムネ→グインソー→ラピファ→ブラッククリーバー・ドミニクのどちらかが好みだ。

シヴィア

主に脅威ビルドで使われているとは言え、クリティカルビルドも(強くなるまで長いものの)悪い選択肢ではない。どちらのビルドもカバーしていこうと思う。
脅威ビルドにおいては、Qの回数が稼げる涙スタートもありだ。

1コア目

マナムネ(脅威)

ヴァルスやエズリアルと比べて、早く積まれる事が多い。得られるマナによってレーン戦を無視し、中盤に向けてスケールすることができるためだ。他のチャンピオンと比べて涙のままでは貯まる速度が遅い、という点もある。脅威ならこれから始めることが多いだろう。

ドラクサーダスクブレード(脅威)

序盤のパワースパイクを求めるならこれだ。中盤のパワースパイクが少し遅れるので、避けたほうがいい試合もある。

ゲイルフォース(クリティカル)

レンジ内に入るツールであり、バーストの手助けにもなる。一般的な選択肢だ。レンジが短いシヴィアにとって、ボーナスで得られるMSもkiteの助けになる。

クラーケンスレイヤー(クリティカル)

ザヤと同様、突っ込んでくる相手に対しDPSを出す場合か、単にダメージが必要な場合。こちらも悪くない。

エッセンスリーバー(クリティカル)

あまり見なくなったが、まだ使えるアイテムだ。得られるマナによってレーンを膠着させることができ、ミシックへラッシュするよりも弱いものの、容易なウェーブクリアでスケールを続けることができる。まあ、ソロキュー向けのプレイスタイルではない

2コア目

マナムネ・ドラクサーダスクブレード(脅威)

まだ積んでいないようなら。

エッセンスリーバー(クリティカル)

マナが得られる嬉しいアイテム。シーン効果も相性がいい。シヴィアにとって大事なADとスキルヘイストが盛れるのも加点要素だ。シヴィアはUltやパッシブ、場合によってはゲイルフォースのMS増加があるため、ジール派生のアイテムに付随するMSはあまりいらないのだ。

ミシック

エッセンスリーバーを最初に積んだなら。

3~5コア目(脅威)

セリルダ・ナイトエッジ・毒蛇の牙・GA・マルモティウス・コレクターの中から3つ。
脅威を積むなら、セリルダはマストバイだろう。物理防御貫通とスタッツが唯一無二だ。コレクターも実はかなりの働きを見せてくれる、Wでパッシブを発動できる上に、クリティカルも活用できる……が、やり過ぎ感は否めない。他のアイテムはどれも状況に応じて選択しよう。

3~5コア目(クリティカル)

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→その他

脅威ならアイオニアブーツ、クリティカルならAS靴か防御的な靴。脅威でプレートスチールキャップを積んでも良い。99%マーキュリーブーツは積まない。

トリスターナ

1コア目

クラーケンスレイヤー

最も一般的なアイテム。大きなパワースパイクであり、既にバーストが出るトリスにとって(Midでピックしたのでもなければ)DPSの方が大事なため、ゲイルフォースはあまり必要ない。

ゲイルフォース

とはいえ、採用されうるアイテムだ。相手が柔らかい構成で、こちらが有利を取れている場合にバーストを底上げできる。DPSが若干落ち込み、CDへの依存度が上がるが、選ぶ価値はある。

2コア目

ファントムダンサー

基本はこれだ。彼女に必要な全てがある

ストームレイザー

あまり見ないが、バーストが必要ならゲイルフォースと合わせて採用しよう

ウィッツエンド

AP構成に対しては有効だが、トリスターナのEによるバーストを考えるとクリティカルを積みたいところだ。

ドミニクリガード

固い構成に。だが、基本的にはファントムダンサー→ドミニクの方が良い。育った敵があまりにも固い……なんて時に。

3~5コア目

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→その他

DPSや序中盤のパワースパイクを目指すため、AS靴を履くことが多いだろう。もちろんAD構成にはスチールプレートキャップも悪くないし、マーキュリーブーツはやめたほうが良い。

ヴァルス

脅威ビルドが主流だが、on-hitも悪くない。そちらについてはあまり触れないが、アッシュと似たプロセスを用いればビルドを考えられるだろう

1コア目

ドラクサーダスクブレード

プローラークロウがナーフされ、主に選択されるようになったミシック。スキルヘイストによりQやRの回数を増やせる、脅威ヴァルスにぴったりのアイテムだ。おまけにインビジブルにもなれる。

赤月の刃

あまり見ないが、採用圏内。シールドにより飛び込んでくる相手から守れるが、ドラクサーよりスキルヘイストは低くなってしまう。状況に応じて選択しよう。

2コア目

マナムネ

エズリアル同様、基本的にマナムネを積むなら2コア目だ。とはいえ、ヴァルスは2コア目ができるまでに涙が貯まりづらい傾向があるため、少し早く積む選択肢もある。マナムネを先に積むことで、ムラマナ完成時のADを早く得られることだろう。

毒蛇の牙

シールドの多い相手には、2コア目に毒蛇を積むことでダメージを底上げしつつ、シールドへの耐性も同時に上げることができる。

3~5コア目

(買っていない場合)マナムネ、セリルダ、ナイトエッジ、毒蛇、GA、マルモティウスの中から3つ

シールド相手には、まず毒蛇。こちらのチームに毒蛇を積める味方がいない場合は特に買うべきだ。セリルダは大体の試合で3~4コア目に欲しくなるだろう。他のアイテムはどれも優秀な防御手段だ。

アイオニアブーツ。ADが多いならプレートスチールキャップを買っても良く、on-hitならAS靴でも良い。Qをチャージしている間のスロウも軽減でき、ポジショニングにも役に立つことから、スイフトネスブーツも相性が良い。

ヴェイン

1コア目

クラーケンスレイヤー

基本であり、大きなパワースパイク……だが、シールドボウを買わなければならない試合もある。レンジが短いため、耐久力もほしいのだ。

イモータルシールドボウ

守りの型。パワースパイクは落ちるが、良い素材(厳しいレーンをイーブンにまで持っていけるヴァンパイアセプター)や、試合全体を通しての生存力が得られる。スキルセットで十分ダメージを出せるため、ジンクスのようにダメージを出すミシックを積まなくても良いのだ。

2コア目

ファントムダンサー

基本。MSなどこのアイテムから得られるスタッツは、ヴェインにとって大きい。kiteの手助けになり、スタックを貯めていくスタイルもヴェインと噛み合っている

ウィッツエンド

AP対策に。ファントムダンサーと似たような役割だが、こちらはMSを犠牲にすることで、よりASとダメージを盛れる。

グインソーレイジブレード

2コア目に積まれることは少ないが、固い相手に。そういった相手と早期から戦えるようになる……が、ファントムダンサーでMSを得た方が結果的にダメージが出ることも多い

3コア目

グインソーレイジブレード

大体はここで買うだろう。相手を問わずダメージが盛れるアイテムだ。Wとプレスアタックによるバースト、それにグインソーのパッシブも乗り、固い相手にもかなりのダメージを叩き出すことができる。2600Gと、他のアイテムより安めなのも良い。

IE

自分が育っているか、相手が柔らかい構成か。グインソーが安くなったことで数を減らしているが、十分積まれうるアイテムだ。もちろん、ウィッツエンドの次に積めないことは忘れずに。基本的にはバースト向きで、DPSは下がってしまう

ウィッツエンド・ファントムダンサー

グインソーを先に積んでいたなら、どちらかを積むのがオススメだ。ウィッツエンド→ファントムダンサーのように、両方とも積むのも良い。大体の場合、3コア目にはグインソーかIEを積みたいが。

その他

クラーケン+グインソー・ファントムダンサーさえ完成すれば、既にヴェインはかなりのダメージが期待できる。それ故に、ダメージの出るアイテムを飛ばして、ランデュインオーメンやマルモティウスのようなアイテムを積んでも許されるのだ。相手が1人だけ育っている……なんて時は、アナセマチェインですら採用圏内だ。650の体力を得つつ、30%もダメージを軽減できる。

4~5コア目

その他(ウィッツエンドやGA、サッシュ、ブラッドサースター、ランデュインオーメン)

AS靴。序盤(ミシック前か、完成させたすぐ後)にMS、ASを得ることによるパワースパイクが非常に強力だ。AD構成にはスチールプレートキャップ、マーキュリーブーツは避ける。

注記

個人的に、王剣はもう過去のアイテムだと思っている。長らく1コア目として愛用されてきたが、もっと強いアイテムも、ライフスティール(ブラッドサースターや強欲な賞金首狩り、レジェンド:血脈)も、タンクメタアイテム(ドミニクリガード)もある。結局ドミニクの物理防御貫通やグインソーがなければ、王剣は特にタンクに強くもないのだ。
ブルーザーやタンクにとにかく強くしたい場合、クラーケン・ファントムダンサー・グインソー・ドミニクの次に積む可能性もあるが……基本的には積まないだろう。

ザヤ

1コア目

ゲイルフォース

レンジに入りづらいという弱点をブリンクで補える、メインアイテム。バーストの手助けになる上に、Eの位置取りにも使える。

クラーケンスレイヤー

こちらに向かって突っ込んでくる、固い構成にはこれだ。こういう試合ではゲイルフォースも役に立たないし、DPSを盛ったほうが役に立つことが多い

エッセンスリーバー

ナーフで数を減らしたが、未だにそのマナでレーニングを凌ぐことはできる。いくらウェーブクリアしてもマナがなくならないため、役に立つこともあるだろう。

2コア目

エッセンスリーバー

基本はこれで、安く、バーストの底上げにもなる。ウェーブクリアやQEのpokeにおいて、かなりザヤはマナ食い虫なので、マナを回復できるのも大事だ。AD、スキルヘイストを盛れるのも良い。

ファントムダンサー

クラーケンの次に積むにはいいアイテム。kiteの役に立ち、クラーケンとシナジーするDPSアイテムだ。

ゲイルフォース・クラーケンスレイヤー

エッセンスリーバーを積んでいる場合。

3~5コア目

IE・ドミニク→IE・ドミニク・その他→その他

レンジに入ることが難しい場合や、スネアによるユーティリティを高めたい場合にラピファは有効だ。ダメージや耐久力は下がるものの、十分なトレードだろう。
ナヴォリクイックブレードは理論上ザヤ向きのアイテムなのだが、値段と攻め一辺倒のデザインが難しくしている。他に良いアイテムがある場合も多いが、常時殴れるようなフロントラインの多い構成を相手にするなら、Wを維持するために購入を検討してもいいだろう。

基本はAS靴で、AD構成にはスチールプレートキャップ。マーキュリーブーツは買わないこと。Qを2番目に上げるpoke寄りのCDビルドで、アイオニアブーツも試されている

注記

ここから先のチャンピオンでは、そのビルドに至る思考プロセスを説明できる自信がない。そのため、見たことのあるビルドと、著名なプレイヤーを紹介していこうと思う。

ドレイブン

ビルドその1

セレイテッドダーク→エッセンスリーバー→イモータルシールドボウ→IE・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他→その他

セレイテッドダークは後半に売るか、コレクターにする。

ビルドその2

セレイテッドダーク→イモータルシールドボウ→コレクター→IE・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他→その他

脅威ビルド

脅威:セレイテッドダーク→エッセンスリーバー→ドラクサーダスクブレード・赤月の刃・プローラークロウ→コレクター・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他→その他

ダメージを求めて、AD靴。AD構成にはスチールプレートキャップも良く、レーンでAPを相手にするならマーキュリーブーツも悪くないが……あまり推奨できない。

主なプレイヤー

humzh
shenzhenshaoye
UNF0RG1VEN
Sergei Kravinoff
robert sapolsky
抜けも多いと思うから、追加してほしいアカウントがあれば教えてほしい。

コグ=マウ

タンクビルド

ウィッツエンド→ルナハリ→オーメン・ビサージュ→フロストファイアガントレット・シールドボウ・ビサージュ・クラーケン→その他・ミシック

ビルドその1

シールドボウ・クラーケン→ルナハリ・ファントムダンサー・ウィッツエンド→グインソー→その他

ビルドその2

ファントムダンサー→ナヴォリクイックブレード→クラーケン・シールドボウ→IE・その他→その他

序盤のパワースパイクのためにAS靴。AD構成にスチールプレートキャップ、マーキュリーブーツは避ける。

主なプレイヤー

éthique
katten
正直あまりプレイヤーを知らないので、ぜひ教えてほしい。

ルシアン

ビルドその1

ゲイルフォース→エッセンスリーバー・セリルダ→セリルダ・エッセンスリーバー・IE→IE・セリルダ・その他→その他

ビルドその2

クラーケン→エッセンスリーバー→IE・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他→IE・ドミニク・その他

基本はスキルヘイストのためにアイオニアブーツを積むが、構成によってプレートスチールキャップやマーキュリーブーツもありだ。

主なプレイヤー

OSTRlCH
regent11
もっといるだろうから、ぜひ教えてほしい。

トゥイッチ

APビルド

ダークシール+ナッシャートゥース→ラバドンデスキャップ→リフトメーカー→ゾーニャ・バンシーヴェール・コズミックドライブ・メジャイから2つ

ADビルド

クラーケン・ゲイルフォース→ルナハリ・ウィッツエンド→IE・グインソー・ドミニク→その他→その他

APならアイオニアブーツ、ADならAS靴が基本だ。AD相手にスチールプレートキャップ、マーキュリーブーツは避ける。

主なプレイヤー

RATIRL
sean twitch god
もっといるだろうから、ぜひ教えてくれ。

用語集

・AD:Attack Damage。物理ダメージの比重が大きい構成に用いられることも。
・AP:Ability Power。魔法ダメージの比重が大きい構成に用いられることも。
・BC:Black Cleaver(ブラッククリーバー)
・BT:Bloodthirster(ブラッドサースター)
・D.Blade:Doran’s Blade(ドランブレード)
・ER:Essence Reaver(エッセンスリーバー)
・EoN:Edge of Night(ナイトエッジ)
・GF:Galeforce(ゲイルフォース)
・GW:Grievous Wounds(重傷)
・ISB:Immortal Shieldbow(イモータルシールドボウ)
・KS:Kraken Slayer(クラーケンスレイヤー)
・LDR:Lord Domnik’s Regard(ドミニクリガード)
・Lucidities:Boots of Lucidities(アイオニアブーツ)
・NQ:Noonquiver(ヌーンクィヴァー)
・PF:Phantom Dancer(ファントムダンサー)
・RFC:Rapidfire Cannon(ラピッドファイアキャノン)
・RH:Runaan’s Hurricane(ルナーンハリケーン)
・SF:Serpent’s Fang(毒蛇の牙)
・SR:Stormrazor(ストームレイザー)
・SV:Spirit Visage(スピリットビサージュ)
・Swifties:Boots of Swiftness(スイフトネスブーツ)
・TWT:Time Warp Tonic(タイムワープトニック)

 

翻訳元: ADC Build Guide

 

管理忍

プロのビルドを見て、その理由を考えてみるのも面白いでござる。

 

おすすめ関連記事

【LoL】ボトムレーンのマッチアップ基本ガイド
海外のダイヤモンド帯の忍びが自分のためにしたためたボトムレーンガイドを共有。
【LoL】ワードのヒント、トリック、タイミングなどについてのガイド
Mobalyticsよりワードに関するヒント、トリック、タイミングについてのガイドを一部紹介。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. あれを全部訳したんかwとにかく感謝しかない

    28
  2. 王剣て今使われてないの?

    1
    • メレーが買う武器になってしまったよ

      10
  3. 続編感謝でござる!

  4. この記事は助かるな
    四半期ごとにほしい

    3
  5. アフェリオスの二手目は絶対ハリケーンおじさんとコレクターもいいんじゃねおじさんの戦争が終わる日は来るのか

    • コレクターは脅威上げのスキル振りとセットになって上がってきた候補なんだから、そこが変わるまではコレクターが優位なんじゃない

      1
    • 正確にはqwe上げで2手目ハリケーン積む従来のビルドの他に
      qew上げで2手目コレクター積むリーサルテンポの脅威ビルドが新しく出てきたって感じ。

      1
    • チーム構成によるって書いてるやん

      1
    • ハリケーンおじ袋叩きにされてて草
      戦争にすらならなかった

      1
  6. PF:Phantom Dancer(ファントムダンサー)になってますが

  7. ウィッツトゥイッチのビルドは書いてないんだ

    2
  8. ドレイヴンの欄のAD靴はそんな便利なアイテムがあるなら俺も買いたいな…

    3
  9. しばらくSRやってないけど、王剣って言及すら一切されないレベルのアイテムになっちゃったのか

    • アイテムの細かい話はアイテム編ってやつの方に書いてあるよ

  10. ドブネズミはミシック4〜5コアまで積まないし、コグマウはランデュインオーメンを2コアで積むようになってるし、ドレイブンはマジで選択肢あり過ぎてよく分からん。

    3
  11. コグの変態タンクビルドすこ

  12. ドレイブンは今シーズンAD、脅威ミシック全部コアになったことあるチャンプだからビルドパターン多いよね
    レジェンダリーもERコレクターのいずれか、または両方積むこともあるし正直その時の気分によりそう

    2
  13. ドレイブンじゃない、ドレイヴゥゥゥン様だ!!

  14. タンクトップコグマウ…?

タイトルとURLをコピーしました