【LoL】T1 Faker「私の日常生活を知ってほしい。いつも心の片隅でファンに感謝している。長い間プロ選手でいられるのはファンのおかげ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、Ashley Kangによる、T1 Fakerへのインタビューを紹介。


――Faker選手、こんにちは。このシリーズはプレーオフに向けて非常に重要なシリーズでしたが、あなたは2-0という、説得力のあるパフォーマンスでDRXを破りました。いまのご気分はいかがでしょうか?

 

Faker: プレーオフも近づいていますし、春の第一戦ではDRXに負けてしまいましたから、警戒していたんです。特に今日は、2-0のクリーンな状態でDRXを倒すことができたことに満足しています。

 

――今日は2回もゾーイをピックして、2戦とも大活躍でしたね。キャスターたちも、「今日のFakerは絶好調だ!」と実況していましたよ。スキルショットを正確に当てて、アウトプレイしていました。

 

 

ご自身の調子や、ゾーイでのパフォーマンスにどのくらい満足されていますか?

 

Faker: 確かにスキルショットを当てることはできましたが……私自身は絶好調だとは思っていません。ちょっと無理をしているところもありましたし。次回はもっと良いパフォーマンスをお見せできると思います。

 

――確か2戦目、相手のシンドラを倒したときだったと思いますが、Faker選手は「これはミッドキャリーだね」と仰って、少し笑顔も見られました。あの瞬間、どんなことを考えていたのでしょうか?

 

Faker: ミッドレーンのマッチアップがこちらに有利になると予測していました。また、味方の士気を高めるためにも言いました。

 

――なるほど。2戦ともゾーイをピックしていました。さて、気軽にお尋ねするのですが、第2試合のドラフトフェーズで、Keria選手がアーリやゼドをホバー(訳注: 見せピック)していました。その瞬間、韓国はもちろん、世界中のファンたちが息を呑んだことでしょう。どちらかをピックするんじゃないか?って。放送時のインタビューでは、ゼドもアーリも今の環境だと難しいと言うようなことを仰っていましたね。ただ、現在、エバーフロストは本当に人気があります。本当にFaker選手のアーリを見ることはできないのでしょうか? ゼドは? みんな興奮していますよ。

 

Faker: そのうちピックするでしょう。

 

――「そのうち」…いつでしょうか?

 

Faker: うーん、「そのうち」です(笑)

 

――(笑)分かりました。この話題はやめましょう。さて、この勝利はリベンジマッチでもありましたから、きっと嬉しかったと思います。さらに、Gen.GとDRXに連続で勝利しました。この2チームはきっとプレーオフで対戦するチームです。2連続で勝利したことで、チームのポジティブな勢いをキープできてよかったとお感じになったのではないでしょうか?

 

Faker: プレーオフはもうすぐです。全ての試合に勝利することは、スコアボード上だけでなく、チームの勢いを維持するためにも重要です。ですから、2-0で勝利できたことは、とても大きな意味を持つのです。

 

――そうですね。それにT1のパフォーマンスも、少数戦にすぐに参加して、クリーンで的確なものでした。T1の今日のマクロは、実に「現代的」でした。放送時のインタビューでTeddy選手が、「このロスターでは以前もプレイしたから、シナジーが出しやすい」と仰っていました。Faker選手はどうお考えでしょうか?

 

Faker: 今回の組み合わせは、以前もプレーしたことがありますからね。お互いの考えやコミュニケーションも揃っています。ですから、シナジーは一定の水準だと考えています。しかし、この組み合わせでプレイしはじめたのは久しぶりですから、まだまだ欠けているところもありますね。メタもプレイスタイルも変化していますし。パズルのピースを組み合わせなければなりません。

 

――放送時のインタビューでFaker選手は「2-0で勝てたことは嬉しい」と仰っていましたが、パフォーマンスに不足しているところがあり、改善したいということですね。本日のポジティブな勢いに加え、プレーオフに向けて、どういったところを改善したいのでしょうか?

 

Faker: 主にマクロ面での連携ですね。少し休憩したあと、チーム全体で強化していきます。この領域には改善すべき点があると感じています。また、ゲーム中のミスコミュニケーションもいくつかありました。

 

――Gen.G、DRXに勝った後、さらにそういった面を強化するなら、プレーオフは確実なように感じますね。少しお聞きしづらいですが、プレーオフに進出できると思ってもよいのでしょうか?

 

Faker: はい。まだ道のりは遠いですが、現在の問題点を修正できれば、ファイナルまでにはもっと良いパフォーマンスをお見せできるようになるでしょう。

 

――ありがとうございます。今日も、多くの人々がT1の試合に注目していました。いつも大勢の目がFaker選手に向けられていますね。ゼドやアーリを見せピックしただけで、「昔のFakerが見られるか?!」という感じで、チャットの反応がとんでもないことになります。本当に無数の人々が、Faker選手の一挙手一投足に注目しているのです。それはきっと、私の想像を超えているほどでしょうね。そして時々、ふと思うのです。Faker選手、あなたはこうしたことを、どう受け止めているのでしょうか?

 

Faker: ファンの皆さんが私に注いでくださる注意を、いつもありがたく感じています。最近、私のスケジュールは特に忙しくて、ファンの皆さんと十分交流する時間が取れていません。それでも、いつも心の片隅で、ファンの皆さんに感謝しています。私が長くプロ選手でいられるのは、ファンの皆さんのおかげなんです。

 

――忙しい中でも、配信はよくやっていらっしゃいますね。最近はソロキューの合間に、リトルナイトメア2をプレイしていますね。まるで自分がやっているかのように、怖く感じてしまいます(笑) タイトなスケジュールの中、配信を定期的にやったり、instagramも更新しています。そんなに忙しいのに、ファンと交流する時間を見つけようとしているのですね。なぜそこまで努力できるのでしょうか。

 

Faker: 私は本当にファンの皆さんと交流したいんです。私が毎日何をしているのか、日々の生活を知っていただきたいのです。でもここのところは、私は自分自身のパフォーマンス向上に集中しなければいけなくて。最近、内省しているのですが、それほど心の平穏はないようです。ですから、ファンの皆さんと交流する十分な時間を取ることができません。本当に申し訳なく思っています。パフォーマンスを取り戻すことができたら、十分な時間を取れるようになるでしょう。

 

――内省とおっしゃいましたが、どういったことでしょう。

 

Faker: 大したことではありません。もっと一生懸命やらなければ、と決意を新たにしました。

 

――あなたはもう既に、極端なくらい一生懸命だと思うのですが……どういう意味でしょうか?(笑) リトルナイトメア2のエンディングを早く見なければ、ということでしょうか?

 

Faker: それもあるでしょうね。あとは……もっとたくさんMVPを取らなくては、と。

 

――本日はMVPでしたね。大きな一歩だと思います。それにしても、いろいろな意味で、Faker選手は変わっていませんね。ファンへの態度もそうです。いつも勝利に飢えていますし、それに、MVPにも。Faker選手、あなたは長年第一線の選手として活躍されています。つまらない質問かもしれませんが、長年の選手生活で、何か変化したことはあるのでしょうか? 例えば、ものの見方など……。ゲームに対する見方など、なんでもよいのですが。

 

Faker: ものの見方ですか? うーん、現時点では、ゲームに対する見方は変わっていませんね。どうしたらもっと上手にプレイできるのか、どのチャンピオンが良いピックなのか、どういったプレイスタイルが良いのか……こうしたことをずっと考え続けています。おそらくこうした視点は、ずっと変わっていないと思います。

 

――私は、プロの試合に対する見方を聞きたかったのかもしれませんが、Faker選手の答えは完璧でした。本日はインタビューありがとうございます。改めて、本日の勝利、おめでとうございます。さて、いよいよプレーオフはもうすぐです。レギュラーシーズンも終わりを迎えようとしています。最後に、ファンの皆さんに何か一言ありますか?

 

Faker: はい。レギュラーシーズンももちろん重要ですが、今回のプレーオフは、かつてないほど重要なものになるでしょう。しっかり健康管理して、一生懸命取り組み、良いパフォーマンスをお見せします。全力でプレーして、ファンの皆さんの期待していた結果をお見せできるように、頑張ります。


Ashley Kang
Fakerは、eスポーツの歴史の中で、最も注目され、フォローされているプロ選手の一人です。私は時折、彼に向けられている無数の視線に対して、彼が一人の人間としてどのように感じているのか尋ねたいと思いました。多くの人々に手を差し伸べるために、どんな努力をしているのだろう、と。だから、このようなインタビューにしました。

 

翻訳元: T1 Faker reveals to Ashley his recent self-reflections, talks about his fans: “I really want to reach out to my fans. I want to let them know what I’m up to, in my everyday life. […] I am always grateful, at a corner of my heart. It’s thanks to them that I found this longevity as a player.”

 

管理忍

レギュラーシーズンも大詰めでござる。

おすすめ関連記事

【LoL】Fakerのソロキューのリプレイを100本見たが、ロームが完璧すぎて想像を超えていた
Fakerのロームがなぜ成功するのかについて、一生懸命考えてみた海外の忍び。
【LoL】Faker「リーグ・オブ・レジェンドのプロ選手の平均年齢は今後上がると思っている。偏見を打ち破るためには勝ち続けるしかない」
Korizonより、LCKプレスカンファレンスにおけるFakerのインタビューを紹介。
【LoL】Fakerがコロナウイルス防疫のために3000万ウォン寄付した(今年合計7000万ウォン)
リーグ・オブ・レジェンドの象徴的プレイヤーであるFakerが、コロナウイルス防疫のために今年合計7000万ウォンを寄付したことが明らかとなった。
【LoL】Faker「失敗は人生において大きな役割を果たしている。失敗にも成功にも流されないことが大切」
Inven Global 以下、Inven Globalより。 Inven SKT T1の最年少選手からチームの柱となり、T1のブランドの顔となりましたね。これまでのプロゲーマー生活をどのよ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LoL
LoL忍者

コメント

  1. PO全勝したT1が見たいね

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  2. お前を見ている

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  3. T1の試合には期待しちゃうのもあって、久々のFakerが見れて楽しかったよ

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  4. Faker: 大したことではありません。もっと一生懸命やらなければ、と決意を新たにしました。

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  5. シーズン中盤から調子を上げてきた時のFakerは最強だって俺は知ってるんだ

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    10
    • 凄く分かる
      魔王って言われる所以でもあると思う
      相手チームからしたらこの男がどれだけ立ちはだかってきて恐ろしいか
      長年色んな選手の夢を砕いてきた選手だしね

      このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  6. やF神

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  7. まーたT1はPO下から順番に3-0していく死神になるんかな?w

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  8. このロースター固定ならまじで最強だろ、結果も内容も圧勝じゃん
    fakerが調子いいと目に見えてチームの調子も良くなるな

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  9. 誰とは言わんけど日本で舐め腐った態度とってるおプロ様たちは爪の垢煎じて飲んでもろて。

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    • 急にどうした?

      このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

      21
      • 日本のプロ意識の低さについてモノ申したいんだろ
        俺は練習頑張ってる選手のほうが多いと思うがな

        このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

        • 技術がないだけで練習自体は頑張ってるよね
          海外選手だって別ゲーしたりもしてるし日本選手だけが特別意識低いとは思わないな
          下手なだけだよ

          このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

          15
          • Kenjiさんのはちゃさんインタビューでも思ったけどコーチの能力もあるしね
            選手が懸命に練習してもチーム全体が暗中模索のままだったりするし
            他チームの成功例もどんどん取り入れてLJLが底上げされていってほしい

            このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    • 誰とは言わんけど匿名のコメント欄で他人を叩く暇あるなら少しは自分の人生にプラスになることしたらいいのに

      このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  10. ゾーイで一回の集団戦に6回もフラッシュしてて草

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    14
  11. fakerはesports史上の奇跡だな
    ここまで実力、実績、人気、人格を兼ね備えたプレイヤーはそういないんじゃないか

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    18
    • 実績と人気は実力有れば伴ってくる可能性はあるけど人格はそうもいかんからな…やF神

      このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

      12
      • LOLがこれから今の倍続いたとしてもこれほどの選手出てこないでしょ
        2013に出現していまだに上の方にいるってはっきりいって異常

        このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

        10
  12. T1のメンバーのインタビューは喜びより大変さを語ることが多いから心配だ。Keriaは常にド緊張の顔してるしCannaは勝ったのに心折れた顔してたしメンタルケア必要だわ
    でも強いT1が見れて嬉しいのも確かなんだね

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    10
    • T1は勝って当たり前、世界一でなければ叩かれるチームだからね
      プレッシャーは他と比較にならないだろうけどそれでも頑張ってほしいね
      メンタルケアは確かやってるんじゃなかったかな

      このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

      12
      • Faker以外は世界2位の成績を収めても残り4人はボロクソに叩かれるからな。。。(2017年)
        それにしても毎回インタビューの回答が100点満点だな
        俺より年下なのに人間としての次元の違いを感じてしまう

        このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  13. korizonの動画は日本語訳が読みやすくて毎回嬉しいわ
    この日はBMW THE DRIVE EP.9でのCuzzとFakerの笑顔も素晴らしいファンサだった

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  14. DWGに太刀打ちできそうなのが、覚醒したT1くらいしかいない。

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

  15. Cannaではキツいよ

    このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

    • GENGは勝ったぞ

      このコメントは黄昏の帳でよく見えないでござる。ニンニン。

タイトルとURLをコピーしました