【TFT】(続)スローロールとハイパーロールはどちらが優れているかを分析した

スポンサーリンク

OP
この話題に関するさまざまな投稿で示される統計分析を読んでも、俺の統計大好き頭脳は満足できなかった。そこで、俺はMismatchedSockの投稿で示された分析と、ユニットプールを考慮に入れて独自のシミュレーションを作成した。俺のシミュレーションではユニットを購入すると、ユニットを再度見つける可能性に影響し、9ユニットで購入を停止する。ユニットプールが完全にいっぱいになったときの結果は次のとおりだ。

 

ハイパーロール(3-1で0ゴールドまで)
ケイトリン: {5.9878}  ザヤ: {5.987} フィオラ: {5.9606} ジャーヴァンⅣ: {6.005}

ハイパーロール(3-1で10ゴールドまで)
ケイトリン: {6.1236}  ザヤ: {6.1912} フィオラ: {6.1528} ジャーヴァンⅣ: {6.1498}

スローロール
ケイトリン: {6.7596}  ザヤ: {6.8428} フィオラ: {6.7818} ジャーヴァンⅣ: {6.7902}

スローロール(ハイパーロールしているプレイヤーと競合)
ケイトリン: {6.0312}  ザヤ: {5.9668} フィオラ: {6.0156} ジャーヴァンⅣ: {6.019}

 

過去の結果と同様に、スローロールの方が優れている。ただし、ハイパーロールの競合がいる場合の結果は悲観的だ。ラウンド4時点で直接対面するのではなく、すべてのハイパーロールプレイヤーが4-1までに終了したこと場合を考慮に入れている。

この分析の最も重要な部分は、すべてのテストを通じて、平均標準偏差が1.89であることだ。つまり、平均的に6ユニットを引けるという結果だが、最もあり得る(70%以上)結果は4ユニットであり、6ユニット引ける確率は五分五分だ。7〜8ユニット引けることは滅多に無いだろう。平均は誤解を招くものであり、実際には1〜2割少ないと見積もっておいたほうが賢明だ。

要約:既に5ユニット以上持っているときのみハイパーロールの余地があり、競合がハイパーロールしておりたくさんのユニットを持っているときのスローロールには少しリスクがある。

ハイパーロールとは、ゴールドをレベルではなくリロールに多く使用し、☆3のユニットを作る戦術のこと。あるラウンド中に一気にゴールドを使う場合を指すことが多い。
スローロールとは、50ゴールド貯めて、その利子のみを使用してリロールする戦術のこと。




 

翻訳元: HyperRolling Vs. SlowRolling: Even more statistics!

 

管理忍

複雑系でござる。

コメント

  1. 平均の捉え方が参考になるでござる
    期待値通り行動しても中々上手くいかないよね

  2. 空き巣狙いの時はスローがいいんだな
    ザヤとかのアーリーキャリーを潰せる構成をスローロールでは狙うのか?

  3. はまった時気持ち良いのはギャンブルなんだよね
    普通にやっててマンネリしてきたら狙うのも良いかもしれない

  4. スローリロール一生やってるなあ

タイトルとURLをコピーしました